培養幹細胞治療とは

脂肪から幹細胞だけを抽出・培養し、ひざ関節に注入する

培養幹細胞治療では、採取した脂肪の中の幹細胞だけを培養・増殖させ、それを患部に注入します。
採取する脂肪の量はわずか20ml。おちょこ1杯程度ですから、痩せている方や高齢者の方でも、受けることが可能です。また、幹細胞の抽出・培養に関する工程は国からの許可を得た施設に依頼しています。注入する幹細胞の品質は折り紙付きです。

培養幹細胞治療の流れ 脂肪採取から患者様に投与するまで

培養幹細胞治療のメカニズム

なぜ幹細胞で痛みが和らぐのか?

培養幹細胞が痛み評価スコア(WOMAC)に与えた影響/幹細胞の量に関わらず、時間とともに痛み評価スコアが下がっている(痛みが緩和されている)ことが分かる。 出典:Pers YM, et al. : Stem Cells Trans Med 5: 847-56, 2016

「なぜ、幹細胞なのか?」その答えは、抗炎症作用と痛み抑制物質の産生能にあります。幹細胞は関節内の炎症を抑え、鎮痛効果の元になる物質を作ることができるのです。実際、培養幹細胞の注入によって、ひざの痛みが緩和されたことを報告する医学論文もあります。
また、効果も長期間持続します。現在一般的な痛み緩和治療で用いられているステロイド注射だと、鎮痛効果(痛みを抑える効果)の持続期間はせいぜい1~2週間程度。一方、本治療なら数ヵ月~数年にわたる効果の持続が期待できます。

  • 特徴
  • 概要
  • 治療の流れ
  • 料金
  • 交通費補助
  • 安心保証制度

当院の治療内容のページをご覧の皆さまへ

ひざ関節症クリニックには、ヒアルロン酸注射で痛みをコントロールできなくなった方や、人工関節や骨切り術といった手術を勧められているけれど不安から踏み切れない方が、再生医療に希望を見出し、日々来院されています。同じように治療法をお探しの方の情報収集が少しでもスムーズになるよう、このページでは、当院の「ひざを切らない治療法」についてご説明。初診ではどんなお話をするか、MRI検査ではどんなことを診るのか、また費用(値段)についても参考になさってみてください。
当院で扱う変形性ひざ関節症の治療法は再生医療が中心ですので、知らない治療に不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。ですが、ご安心ください。ご相談時には、患者さまが疑問点を聞けないようなことのないよう、時間を十分に確保し、ひざをつき合わせた診療を行っております。また、治療を受けるかどうかも一度持ち帰り、ご家族にご相談してから決めてくださって構いません。患者さまがより良い選択をできるよう、スタッフ全員でサポートさせていただきます。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 銀座院院長 服部麻倫

銀座院院長服部麻倫

  • 保有資格

    医学博士

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本整形外科学会認定 リウマチ医

    日本体育協会認定 スポーツドクター

  • 所属学会

    日本整形外科学会

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。