培養幹細胞治療とは

脂肪から幹細胞だけを抽出・培養し、ひざ関節に注入する

培養幹細胞治療では、採取した脂肪の中の幹細胞だけを培養・増殖させ、それを患部に注入します。
採取する脂肪の量はわずか20ml。おちょこ1杯程度ですから、痩せている方や高齢者の方でも、受けることが可能です。また、幹細胞の抽出・培養に関する工程は国からの許可を得た施設に依頼しています。注入する幹細胞の品質は折り紙付きです。

培養幹細胞治療の流れ 脂肪採取から患者様に投与するまで

培養幹細胞治療のメカニズム

なぜ幹細胞で痛みが和らぐのか?

培養幹細胞が痛み評価スコア(WOMAC)に与えた影響/幹細胞の量に関わらず、時間とともに痛み評価スコアが下がっている(痛みが緩和されている)ことが分かる。 出典:Pers YM, et al. : Stem Cells Trans Med 5: 847-56, 2016

「なぜ、幹細胞なのか?」その答えは、抗炎症作用と痛み抑制物質の産生能にあります。幹細胞は関節内の炎症を抑え、鎮痛効果の元になる物質を作ることができるのです。実際、培養幹細胞の注入によって、ひざの痛みが緩和されたことを報告する医学論文もあります。
また、効果も長期間持続します。現在一般的な痛み緩和治療で用いられているステロイド注射だと、鎮痛効果(痛みを抑える効果)の持続期間はせいぜい1~2週間程度。一方、本治療なら数ヵ月~数年にわたる効果の持続が期待できます。

  • 特徴
  • 概要
  • 治療の流れ
  • 料金
  • 交通費補助
  • 安心保証制度