第18回日本再生医療学会でひざ関節の治療成績を発表

2019.03.30

学術発表

第18回日本再生医療学会総会で横田医師が発表している様子

ひざ関節症クリニックで行った再生医療による治療では、変形性ひざ関節症の痛みの軽減が得られており、安全性の面でも大きな問題が起こっていません。これまでの治療成績を実際の統計データとともに、第18回日本再生医療学会総会で発表したことをご報告します。

本学会は2019年3月21日から3日間にわたり開催されました。(※写真は新宿院の横田院長が発表している様子です)

 

裏付けのある再生医療の普及活動に努めます

今回の再生医療学会では、大宮院の大鶴院長と新宿院の横田院長が発表を行っています。
大鶴院長はシンポジストのひとりとして講演。ひざ関節症クリニックグループ「医療法人社団 活寿会」の幹細胞治療800例以上、PRP-FD注射2000例以上(ともに2015年3月〜2019年2月時点の数値)から得た情報と見解を報告しました。
また、横田院長は5つの演題を立てて治療成績を発表。脂肪幹細胞治療やPRP療法で、加工法の違う治療での効果の比較や、変形性ひざ関節症や関節リウマチへの治療成績の調査報告を行っています。

ひざの痛みに苦しむ方々が少しでも自分に合った治療選択ができる環境が整うよう、東京ひざ関節症クリニック銀座院では、再生医療の裏付けとなる治療成績の共有に努めてまいります。

 

銀座院が行う治療法の説明はこちらからご覧ください。
▶︎ 培養幹細胞治療とは
▶︎ PRP-FD注射とは