40代、50代のひざの痛みに!幻冬舎メディアで情報提供

2020.03.25

メディア

タブレットを持つスーツの男性

幻冬舎が運営する40〜50代を対象としたオンラインメディア「幻冬舎ゴールドオンライン」に、東京ひざ関節症クリニック銀座院の輿石院長が情報提供を担当した、ひざの痛みに関する記事が掲載されました。

早期発見・早期治療に役立てていただける情報です

今回の情報提供では「専門医が教えるひざの痛みを改善させる基礎知識&最新情報」というテーマをいただき、ひざ関節症クリニック各院の院長がリレー形式でつなぐ連載形式となっております。その中で輿石院長は、4月13日と20日に公開された連載第3回と4回を連続して担当しました。

 

第3回の記事では、ひざの音という症状を軸に、病気との関係や危険度を解説。セルフチェックも設けておりますので、病院受診タイミングの目安にもしていたしていただけるかと思います。
第4回では、変形性膝関節症の手術療法について情報提供しました。関節鏡や骨切り術も含めた手術のメリットデメリットから、医師が考えている人工関節の本当のところをお話しています。

 

年齢的に「まだ大丈夫」と思いがちな方たちにも、ひざの健康を意識していただくきっかけになればと考えております。

 

連載第3回:ひざの音がミシミシ鳴るのは危険信号!変形性膝関節症を疑え
連載第4回:ひざの痛み…60歳を過ぎるまで、医師が手術をすすめない理由