PRP-FD注射の治療実績のご報告:3,600症例突破

2019.12.25

診療・治療法

PRP-FD注射3600症例突破

患者さまご自身の血液を原料とする先進的な関節治療が、PRP-FD注射です。2015年11月より当グループでご提供しておりますが、2019年11月現在で3,600症例以上となりました。

治療実績をご報告しますとともに、東京ひざ関節症クリニックの医師やスタッフを信頼し、治療を受けてくださった皆さまに感謝申し上げます。

詳細はPRP3,600症例リリースをご覧ください

 

今後のひざ痛の治療にも役立てさせていただきます

プロスポーツ選手がケガノ治療法に選択することも多いPRP(多血小板血漿)療法の中でも、組織の修復を促す成長因子という物質が2倍以上のこの治療を、当院では採用しています。ひざ関節症クリニックグループの症例データを調査した結果では、変形性ひざ関節症の痛みを緩和させる効果が確認できています。
蓄積された貴重な治療結果のデータは、主観や感覚ではなく、根拠のあるデータに基いた医療のご提供に役立ちます。当院での今後の診療はもちろん、医療業界全体がそういう世界を構築できるよう、情報発信にも努めてまいりたいと考えております。

 

治療内容や効果を詳しく知りたい方へ ▶︎ 東京ひざ関節症クリニックのPRP-FD注射