PRP-FD注射のひざ治療実積、5,500例突破のご報告

2020.09.28

診療・治療法

PRP-FD注射5500症例突破のお知らせ

変形性膝関節症をはじめとする、つらいひざの痛み。その治療として、東京ひざ関節症クリニックが2015年11月から行っているのが、患者さまの血液成分を利用した「PRP-FD注射」です。2020年8月現在において、当グループでの治療実績が5,500例以上となりましたことをご報告いたします。

痛みに有効な治療の選択肢を広めるために

ヒアルロン酸注射も、初期の変形性膝関節症には効果も見られますから、そのまま痛みが解消される方もいるでしょう。ただ、進行してしまうと、痛みの改善が得られなくなってきます。薬でごまかさず、痛みにきちんと作用する治療を施さないと、変形性膝関節症は進行してしまうため、PRP-FD注射のような進行期にも効果が期待できる治療の選択肢が必要です。

また近年、急速に広まっている背景を見ても、データに基づく普及がポイントとなってくるでしょう。そのため、当院では過去の症例データの統計から得た知見を、積極的に学会や論文などで医療業界に情報発信して役立てております。このように安全な医療の普及に貢献できるのも、治療を受けてくださった患者さまのおかげでございます。スタッフ一同、心よりお礼申し上げますとともに、今後もより一層患者さまのお悩みに真摯に向き合っていくことをお約束いたします。

PRP-FD注射とは

血液中の修復に働く血小板という細胞を活用した再生医療のひとつにPRP療法がありますが、PRP-FD注射はPRPを濃縮し、作用のカギとなる成長因子と呼ばれる物質を高濃度化したものを投与する治療です。炎症を抑える作用が得られるため、進行期の変形性膝関節症の他、半月板損傷や靭帯損傷などからくる痛みの改善も期待できます。

治療を受けられている患者さまの傾向としては、ヒアルロン酸注射で痛みが良くならないという方や、一時的には痛みが軽減するも、またすぐぶり返すのでらちがあかないとお悩みの方が多く選ばれています。また、処置は採血と注射だけということから、手術以外の方法をお探しの方からもよくお問合せをいただきます。

銀座院の治療について詳しくはこちら▶︎PRP-FD注射とは