培養幹細胞治療の症例実積、3,900症例突破のご報告

2021.03.25

診療・治療法

幹細胞治療3900症例のお知らせ

ヒアルロン酸注射が効かなくなったひざの痛みを中心に、東京ひざ関節症クリニック銀座院では、再生医療の幹細胞治療で改善を図っています。2015年3月から開始した当グループの本治療実積が、2021年2月段階において、3,900例以上となりましたことをご報告いたします。

治療方法や費用について▶︎培養幹細胞治療とは

治療から得たデータと知見は、有意義に活用いたします

再生医療の臨床応用は急速に広がっておりますが、どこでも同じ判断のもと適切な治療を受けられる環境づくりは、まだ整備段階と言えます。それには、どういったケースでどのような治療プランが有効かという実症例に基づくエビデンスを確立する必要があります。

多数の症例実積を持つ当院では、その治療に関するデータを医療業界に広く共有することで、そうした環境づくりに貢献できればと考え、学会や論文発表などにも積極的に活動しております。こうして有益なデータを発信できるのも、治療を受けてくださった患者さまあってのことです。心よりお礼申し上げます。

 

ひざ関節に対する幹細胞治療とは、患者さまの脂肪に存在する幹細胞を活用した治療法です。幹細胞には炎症や痛みを抑える作用があるため、変形性膝関節症や半月板損傷などの痛みの改善が期待できます。なかでも当院で採用しているのは、培養した大量の幹細胞を注入する治療法です。治療の手順や効果や症例などは、下記のページでご覧いただけます。