オスグッド病と診断を受けた事があり今も痛みが出る事があります

中学生のころ、部活動(サッカー)が原因でオスグッド病と診断を受けたことがあるのですが、38歳になった現在も運動や冷えにより強い痛みを発症することがあります。
安静にする、筋力で補う以外に治療をできるものではないのではと諦めていたのですが、激しい運動ができないことや、歳をとったときの心配もあり、そもそも治療が可能であるか教えていただけますでしょうか。

Answer
オスグッド病による痛みは通常、成長期が終わると出現しなくなりますが、後遺症が残る方もいらっしゃいます。
大きな骨片があり、それが周囲組織を圧迫しているならば手術が必要なことも稀にありますが、通常は保存治療
の適応となります。
まずはオスグット病の後遺症なのか、膝蓋腱炎などその他の原因がないかなど、画像診断を行う必要がありますが、所見によっては当院のPFC治療などで症状の改善が期待できます。
よろしければ一度ご来院いただければと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 主人(52歳)ですが、膝の軟骨がもう殆ど無いそうで、毎日痛んでおります。ヒアルロン注射などされていますがそれも一時的に痛みが緩和されるだけです。両足は膝を中心に少々曲がってきている気がします。そちらの...

  • 肥満体で長い間膝の痛みがありましたが、痛み止めを内服しながら何とか生活していました。 3週間前、突然右膝の裏側に激痛がはしり、歩くのが辛く、整形外科を受診すると、両膝の軟骨が無くなっている、まだ若い...

  • 武道をやっています。 先日練習で踏切の際に膝を捻り負傷しました。 数日は痛みも酷く、日常生活にも支障をきたしていましたが、辛うじて歩行も出来、内出血等もなかったので、激しい運動は控えたまま1ヶ月様...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。