70代の男性です。

変形性ひざ関節症で、近々に人工膝関節置手術を予定しています。
10年来走ることはできず、趣味のテニスやバドミントンはもちろん、起伏のある里山散歩も、できなくなりました。
最近は、駅の階段の上り下りもきついです。長年の酷使でやむをえないのでしょうか?
出来れば手術以外を選択したいです。

変形性膝関節症の手術以外の治療法としては、当院のPRP-FD注射および培養幹細胞治療をおすすめしております。

多くの方は1か月以内にある程度の改善がみられ、その後徐々に効果が強くなり、3~6か月内に大きな効果を得られるケースが多いです。

人工関節同様、痛みを100%なくすことは容易ではありませんが、当院の治療を受けていただいたことで痛みが改善し、人工関節置換術を受けずに済んでいる方は多数いらっしゃいます。
よろしければ一度ご来院いただき、診察させていただければと思います。
当院の提供する医療について、詳しくは東京ひざ関節症クリニックの医療サービスを参考にご覧ください。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら