半月板損傷を大げさな手術をせずに改善したいです

27歳(現在51歳)の時、ラグビープレイ中に左膝前十字靭帯断裂その後人工靭帯再腱しました。靭帯はほぼ大丈夫なのですが同時に損傷した半月板が治らず現在に至っています。
ちょっとした膝の不安定な態勢や動きでいわゆるロッキングという症状が頻繁にでてしまい、年に数回の歩行困難が数日続くきます。
あまり大げさな手術はしたくはなく出来ればヒアルロン酸などで治ればと思っています。
この先もできればラグビーの試合をしたいと思っており
改善の余地があればとご相談した次第です。

Answer
半月板損傷に対しては、SCAFF治療以外にも、PRP-FD注射(血小板由来の成長因子)での治療が有効なこともあります。
半月板の損傷部位や程度によって、適応となる治療法が異なってきます。
一度、実際の膝の状態とMRI画像を拝見したいです。
ご足労かとは思いますが、診察にいらしていただけたらと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 母85歳、かなり前から、左ひざO脚膝関節症で、特に最近では歩くと痛くてサポーターとシップ薬を張り、やっと歩いている状況です。整形外科に通ってはいますが気休めにしかならず良くはなりません。膝の手術はした...

  • 武道をやっています。 先日練習で踏切の際に膝を捻り負傷しました。 数日は痛みも酷く、日常生活にも支障をきたしていましたが、辛うじて歩行も出来、内出血等もなかったので、激しい運動は控えたまま1ヶ月様...

  • 他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか? また、このような場合、患部の状態...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。