小学生の息子が軟骨の変性で運動出来ずなんとか治療してあげたいです

13才の息子の事で相談です。
小学6年生の12月に右膝、中学1年生の1月に左膝の円板状半月板切除の手術を受けました。
右膝の手術後1年経過のMRI検査で大腿骨軟骨の変性が確認されました。
運動制限3ヶ月と診断され、今現在も延長中で、左膝にも初期の変性がみうけられるとの事で、中学生のうちは運動再開は難しいと言われました。
この年齢のSCAFFなどの治療はどうなのでしょうか?
今の主治医の言う様に、高校生もしくは大人になって膝周りの筋肉や膝内部の骨の安定を待つしか無いのでしょうか?
運動がしたくて決断した手術だったので親子共々落胆しています。今はとにかく負担をかけない事が大事という事で、車で学校の送り迎え、校内ではエレベーター使用、松葉杖の使用という生活です。

Answer
何故変性を起こしているのかが疑問になります。
通常、円板状半月の部分切除では軟骨に損傷が出ることは少ないです。
一度、実際の膝の状態とMRI画像を拝見できないものでしょうか?
状態によってはPRPなどで治療を試すことができるかもしれません。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 主人(52歳)ですが、膝の軟骨がもう殆ど無いそうで、毎日痛んでおります。ヒアルロン注射などされていますがそれも一時的に痛みが緩和されるだけです。両足は膝を中心に少々曲がってきている気がします。そちらの...

  • 武道をやっています。 先日練習で踏切の際に膝を捻り負傷しました。 数日は痛みも酷く、日常生活にも支障をきたしていましたが、辛うじて歩行も出来、内出血等もなかったので、激しい運動は控えたまま1ヶ月様...

  • 高一の息子の足首の件で相談です。中学校時代に野球で何度か捻挫をし、主力だったため完全に治らないうちにプレーを再開したりしたためか、どうも捻挫癖と慢性的な疼痛?のような感じ残ってしまったようです。今、地...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。