膝がまっすぐに伸びず15分歩くのが精一杯です

3ヶ月前より左膝に違和感あり。
翌月から整形外科を受診。変形性膝関節症と診断されましたが、湿布だけもらって帰宅。仕事も続けていました。
その後、だんだん両膝も痛くなって別の病院を受診。
ヒアルロン注射を5回受けました。
リハビリ2回始めたばかりです。
症状は当時よりは良くなったと思うのですが、左膝が真っ直ぐに伸びません。
歩くのに足を引きずっています。スーパーで買い物を15分ほどするのが精一杯です。
こんな状態で治療はどんな選択があるでしょうか。

Answer
膝の動きを改善させる方法としては、PRP-FD注射があります。
ご自身の血小板由来の成長因子を関節に注入し、その後、曲げ伸ばしのリハビリテーションをしっかり行うことで、膝の動きが改善する可能性があります。
この治療法では、痛みを改善する効果も期待ができます。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 主人(52歳)ですが、膝の軟骨がもう殆ど無いそうで、毎日痛んでおります。ヒアルロン注射などされていますがそれも一時的に痛みが緩和されるだけです。両足は膝を中心に少々曲がってきている気がします。そちらの...

  • 1年前に腰部固定術の手術を受けました。それと関係あるのかどうなるかわかりませんが、その後、3ヶ月たったこらから、椅子に座ると膝が痛くなり長く座れなくなってしまいました。近所の整形外科へ何軒か行きました...

  • 先月膝の痛みを感じ医師の診断を受けたところ、変形性膝関節症と診断され超音波治療や、膝の水を抜きヒアルロン酸の注入等の治療を3回ほど受けました。その後痛みは改善どころか益々ひどくなり、歩行も困難になり、...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。