MRIひざ即日診断

  1. TOP
  2. MRIひざ即日診断

こんな人は特におすすめです

ひざにヒアルロン酸を注射するイメージ

医師が問診しているイメージ

  • なぜ今の治療が効かないのか分からない
  • 自分に合った治療を探している
  • 再生医療が適しているか事前に知りたい
  • 治療を決める前に専門医に相談したい
  • セカンドオピニオンを考えている

治療を受けるか決める前に、まずは適応診断を

ひざ関節の検査画像

期待して治療を受けたのに改善しなかったという事態は誰も望みません。だからこそ「MRIひざ即日診断」をおすすめしています。
レントゲン検査を受けた方は多いでしょうが、当院ではMRI検査と医師の診察を、ひざの状態をより詳細まで把握する手段としています。再生医療で効果が見込めるか、他に適した治療法があるのかなど受診当日に診断しご提案いたします。治療を受けるか決める前に、ぜひ一度ご検討ください。

検査から診断までの流れ

  1. ご予約
    まずはページ末尾のご予約フォーム、またはお電話でお問い合わせください。
    当院スタッフが検査日時を調整後、ご連絡いたします。
  2. MRI検査
    指定の日時に検査機関へ直接お越し下さい。
  3. 専門医の診察
    検査データを受け取られましたら、徒歩5分ほどにある当院を受診ください。
    担当医が詳しく診察し、診断報告と適した治療のご提案を行います。
    当院の治療を受けるかは受診当日でなくても、後日のお返事でも構いません。

MRI検査で関節内部の詳細な情報を得ることができます

変形性ひざ関節症を診断する際、一般的にはレントゲン撮影が行われますが、これだけは治療方針の判定が難しいことがあります。レントゲンは骨の変形を知ることはできますが、その他の組織の状態まで把握することはできないからです。その方にとって本当に適した治療は何なのかを検討するには、こうした詳細の情報が欠かせません。
その点、MRI検査は骨の内部や軟骨、半月板、靭帯の問題を可視化することができます。また出血や炎症、腫瘍や水腫の有無も確認できます。磁気を利用しているので、他の画像検査のように放射線被爆がない点も特徴のひとつです。

実際の症例1

60代前半・男性/変形性膝関節症(中期)

  • 年齢・性別
    60代前半・男性
  • お悩み
    1年ほど前から徐々にひざが痛み始めた。現在は階段の上り下りが苦痛。
  • 画像所見
    左の図は、ひざを外側(横向き)から見た画像だが、大腿骨と脛骨の間にある黒い三角形(半月板)が大腿骨の丸み、脛骨の平らな部分にしっかりフィットして、良いバランスを取っていることがわかる。また、黒い三角形の上にある薄いグレーの層(軟骨)もきちんと存在している。
    一方、右の図(内側から見た図)を見ると、半月板は骨に密着しておらず空間が見られる。このことは、半月板の本来の働きである「骨を支える」という機能が損なわれていることを意味する。また、外側に認められた軟骨層が、内側では認められず骨の表面が黒く固くなっていることが見て取れる。
    以上から、ひざの内側のクッション性が損なわれ、残存する軟骨や半月板に悪影響を与えている状態と考えられる。
  • 診断
    変形性膝関節症(中期)

実際の症例2

50代後半・女性/変形性膝関節症(末期)

  • 年齢・性別
    50代後半・女性
  • お悩み
    仕事で重い荷物を持つことが多く、10年程前から徐々にひざが痛くなり始めた。ヒアルロン酸で治療中だが痛みは改善しない。
  • 画像所見
    正常な膝には大腿骨と脛骨の間に軟骨があるが、この症例の場合、ひざの内側、外側ともそれがほぼ見当たらない(欠損している)。また、通常は骨の下にある内側の半月板が横に飛び出している(逸脱している)。また外側の半月板には大きな傷が見られる。
  • 診断
    変形性膝関節症(末期)

MRI検査で分かること

MRI の画像からは、半月板、軟骨、骨、靭帯など、関節周辺の各組織がどういった性質や状態なのかを知ることができます。例えば、半月板や靭帯では断裂や変性の具合やその予測、軟骨はどれくらい失われているか、骨も内部が炎症する骨髄浮腫や骨壊死の状態、ガングリオンの有無などです。他にも出血や腫瘍、水腫(水がたまっているかどうか)といった多くの情報が得られる点が特長です。

レントゲンやCT検査との違い

MRIは磁気の共鳴で撮影するため、レントゲンやCT検査のようにX線は使用しません。つまり放射線の被ばくがないので、繰り返しの検査や、妊婦や小児への実施も可能です(ただし、ペースメーカーが入っている場合は受けられません)。機能的には、骨の形の変化が分かるレントゲンやCT検査に対し、他の組織の状態や性質といった情報も得られるのがMRIです。

MRI レントゲン/CT
評価可能な
ひざの組織
半月板、靭帯、軟骨、骨
得られる情報 組織の性状 組織(骨)の形状
検査時間 30分~1時間 数十秒~数分
放射線被ばく なし あり
受けられない人 ペースメーカーを入れている、閉所恐怖症 など 特になし

※ひざ関節は頭部MRIなどと異なり、全身が機器の中に入ることなく撮影できます。

3.0テスラMRIについて

当院のMRIひざ即日診断では、主にMRIの中でも3.0テスラという機器で検査を行います。従来の1.5テスラに比べて造影剤を使用しなくても鮮明な画像が撮影できるため、撮影時間も短時間。脳のMRIや乳がん検査などにも用いられている機器です。

MRIひざ即日診断のメリット

治療の適性を細かくチェックできる

ひざ関節のMRI画像とボールペン

レントゲン画像から得られる骨の形状に関する情報だけでも、治療を進められなくはありません。ただ、ある程度「推測」しながらにならざるを得ない部分があります。
MRI検査を受けていただければ、この推測の裏づけを画像から得ることが可能です。つまり再生医療を含む様々な治療の適性を、より正確にチェックすることができます。

待ち時間なしで相談時間をしっかり確保

めくられたカレンダー

総合病院などのMRI検査では、検査まで1ヵ月ほど待機したり、診察も長い待ち時間が予想されます。当院の場合は、検査も診察も待ち時間がほぼなし。2~3時間で終了です。
待ち時間を削減した分、診察や相談時間をしっかり1時間は確保しています。整形外科にありがちな「5分診療」のようなことはなく、専門医にじっくりご相談いただけます。

検査データはセカンドオピニオンへ活用も可能

医師が問診票を確認している風景

通常、MRIやレントゲンの撮影画像は医療機関で保管されますが、当院では検査データをCD-Rで差し上げており、お持ち帰りいただけます。
患者さまが納得のできる治療を選ばれることを私たちも望んでおりますので、他の医師の意見も参考にしたいという方は、セカンドオピニオン時に持参してご活用ください。

費用の負担が自費受診より少ない

自費でMRI検査を受ける場合は、25,000〜40,000円ほどの検査費用が目安となります。当院のMRIひざ即日診断では検査だけだと、8,000円程度。診察料を含めても、自費検査よりも少ないご負担で受診いただけます。

MRI 検査を当院で受ける場合と、他院で受ける場合の違い
当院
(自由診療)
当院以外の
自由診療クリニック
一般的な病院
(クリニック)
検査実施までの
待機期間
数日 数日 数週間から数ヵ月
検査当日の
待ち時間
なし クリニックの方針によって変動 混み具合によっては数時間に及ぶことも
ドクターの
診察時間
30分確保 クリニックの方針によって変動 数分程度
検査費用
(自己負担分)
12,000円程度 25,000~40,000円 8,000円~14,000円
(3割負担の場合)

MRI即日診断のご予約

以下のフォーム、またはお電話からご予約いただけます。
0120-013-712

1.ご予約内容を入力

  • 必須

    北海道

    関東

    中部

    近畿

    九州

  • 必須
  • 必須
  • 任意

MRIひざ即日診断を予約する