齊藤 佑樹 院長

プロフィール

齊藤 佑樹

栃木宇都宮ひざ関節症クリニック

齊藤 佑樹院長Yuki Saito

「膝が痛い」と言っても、皆さまが同じ痛みではありません。だから、どこが痛むのか正確に把握することが大切です。お一人おひとりにしっかり診察時間を設けておりので、ご相談だけでもお気軽にお越しください。

  • 膝関節専門の整形外科医
  • 学会や論文発表でも活躍
  • 患者が求めるゴールに向かう治療

膝関節を専門とし、変性疾患からスポーツによる靭帯、半月板、軟骨損傷などを中心に、数多くの患者と向き合い診療を行ってきた整形外科専門医。膝関節に特化して最先端の再生医療を取り扱う当院でなら、以前より関心を抱いていた再生医療を片手間ではなく徹底的に学び、またこれまでの経験も存分に活かしながら治療提供できると、入職を決意。
日常生活でできるようになりたいことなど、痛みの改善だけでなく、患者の求める治療のゴールを一緒に目指すことに尽力して日々の診療を行っている。

経 歴

  1. 2011年
    秋田大学 医学部医学科 卒業
  2. 2011年
    聖隷横浜病院(初期研修)
  3. 2013年
    昭和大学病院 整形外科
  4. 2014年
    佐々木病院 整形外科
  5. 2015年
    日本鋼管病院 整形外科
  6. 2016年
    昭和大学病院 整形外科
  7. 2019年
    昭和大学 大学院 医学博士課程 修了
  8. 2021年
    東京都立大塚病院 整形外科
  9. 2022年
    昭和大学病院 整形外科
  10. 2023年
    大宮ひざ関節症クリニック
  11. 2023年
    宇都宮ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  1. 日本整形外科学会認定 専門医
  2. 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  3. 日本整形外科学会認定 リハビリテーション医
  4. 日本体育協会公認 スポーツ医

所属学会

  1. 日本整形外科学会
  2. 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  3. 日本再生医療学会

学術活動

学会発表

年 代 学会名 題 名
2021年 JOSKAS-JOSSM 2021 半腱様筋腱を用いた経踵骨アキレス腱再建術
2020年 JOSKAS-JOSSM 2020 膝伸展機構損傷に対して半腱様筋腱を用いて補強修復術を施行した3例
2020年 JOSKAS-JOSSM 2020 最近のスキー外傷における下腿骨折の傾向と特徴
2019年 第45回日本整形外科スポーツ医学会 幼少期より関節内出血を繰り返し変形性関節症に至った高校野球選手の1例
2018年 第44回日本整形外科スポーツ医学会 60歳以上のスポーツ愛好家に対する2重束前十字靭帯再建術の治療成績
2018年 第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 半腱様筋腱を用いて経踵骨骨孔アキレス腱再建術を施行した2例
2018年 第67回東日本整形災害外科学会 膝周囲腱断裂に対して半腱様筋腱を用いて補強修復術を施行した2例
2017年 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 家兎を用いた半月板部分再建術における組織学的検討
2017年 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 3DCTを用いた二重束前十字靭帯再建術後の大腿骨骨孔位置変化の検討
2016年 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 膝前十字靭帯再建術後に生じた難治性の膝蓋前滑液包血腫に対して鏡視下血腫除去術を施行した1例
2015年 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 楔状開大型高位脛骨骨切り術後のスポーツ復帰に関する検討
2014年 第44回日本人工関節学会 TKA再置換術を要したmobile型UKA(Oxford phase 3)の検討

スクロールできます

論文発表

年 代 雑誌名 題 名
2021年 JOSKAS誌 膝伸展機構損傷に対して半腱様筋腱を用いて補強修復術を施行した3例
2019年 昭和学士会雑誌 家兎を用いた自家腱による膝半月板部分再建術 −骨孔位置の差異による比較検討−
2019年 JOSKAS誌 半腱様筋腱を用いて経踵骨骨孔アキレス腱再建術を施行した2例
2016年 JOSKAS誌 楔状開大型高位脛骨骨切り術後のスポーツ復帰における検討
2014年 日本人工関節学会誌 TKA再置換術を要したmobile型UKA(Oxford phase 3)の検討

スクロールできます

インタビュー

再生医療に興味を持ったきっかけは?

衝撃を受けた寝たきりの患者さまへの効果参加する学会などで報告を見てきて、その効果は前々から確信していましたが、残念ながら実際に再生医療を患者さんに提供する機会は今までありませんでした。ただ、縁があってひざ関節症クリニックの診療に参加し、実際に患者さまへの効果を見て、患者さまの第3の選択肢として再生医療を徹底的に学び、皆さまに提供したいと思いました。
実際、膝の痛みでほぼ寝たきりの患者さまがPRP-FD注射と幹細胞治療によって、伝い歩きができるまで回復したのを目の当たりにした時には衝撃を受けました。

再生医療に興味を持ったきっかけは?衝撃を受けた寝たきりの患者さまへの効果

ひざ関節症クリニックを選んだ理由は?

全員が同じ方向を向いて高め合う強いチーム「患者さまの笑顔を見たい」という一心で、スタッフ全員が症状を良くするために考え、誠意を持った対応をしていたことが決め手になりました。全員が同じ方向を向いて高め合っているチームはとても強いと思っています。私自身、日常生活でできるようになりたいことなど患者さまが求める治療のゴールを把握し、そこを目指しての治療にこだわってきたので、同じゴールに向かってチーム一丸となれる環境が魅力でした。
それに、変形性膝関節症の再生医療に関して全国でトップクラスの実績から得られたデータを吟味して、より良い治療を提供しようとする姿勢に共感しました。

ひざ関節症クリニックを選んだ理由は?全員が同じ方向を向いて高め合う強いチーム

ひざ関節症クリニックで目指したいことは?

患者さまが多くの選択肢を持てるよう認知を拡大再生医療がいまだ広く普及されていない地域においても、膝の痛みにお悩みの患者さまが、ひとつの治療の選択肢として検討できるよう、もっと認知を広めていきたいです。
また、先進的な治療の普及と平行して、放置されてしまいがちな早期の変形性膝関節症や半月板損傷に対しては、患者さまに早期治療介入の必要性を理解していただけるように啓蒙していくことも今後必要となると考えていました。
そのためにもし機会があれば、再生医療の安全性や有効性、そして早期治療について市民公開講座などを行っていきたいです。

ひざ関節症クリニックで目指したいことは?患者さまが多くの選択肢を持てるよう認知を拡大

【ひざの痛み専門】
WEBからのご来院予約はこちら

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国14拠点|治療実績33,000例|整形外科専門医26名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日・祝日もOK