再生医療とは何ですか?

体が本来持っている回復能力を利用して、組織や臓器の修復を目指す医療です。

再生医療とは、病気やケガなどで損傷を受けて低下したり、完全になくなってしまったりした臓器や組織の機能を、患者さん自身の細胞によって修復することを目指す医療です。

再生医療は細胞医療

私たちが病気やけがをしたら、普通は薬剤、義足、ペースメーカーといった、人工的な化合物や機器を使って、失われた身体の機能を取り戻そうとします。
再生医療では、こうした人工物に頼らず、私たち自身が持つ組織の再生能力を活かした治療を目指します。
「組織の再生能力」と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、例えばちょっとしたすり傷が数日すると自然に治っていくのも再生能力の一つ。
こうした、私たちに本来備わった細胞レベルのチカラをより高度な治療に応用しようというのが、再生医療の基本的な考え方です。

再生医療を担う2つの柱:幹細胞と体細胞

私たちの身体は、受精卵というたった一つの細胞を起源にします。
この受精卵が細胞分裂を繰り返すことで、さまざまな臓器や組織が形作られていくわけですが、このプロセスを「分化」と言います。
そして、分化が完了した細胞(成熟した大人の細胞)を体細胞と言います。
一方、幹細胞は、複数の組織や臓器になる可能性を秘めた未分化な細胞(いわば細胞の赤ちゃん)です。
現在の再生医療で行われているのは、この幹細胞や体細胞を治療箇所に移植する「細胞移植治療」です。これによって、組織の再生や傷病の根本原因の解消を促します。再生医療では、細胞から細胞への働きかけが、治療を促進させるということなのです。

幹細胞と体細胞

再生医療は、膝の治療にどう役立つのでしょう?

再生医療によって変形性膝関節症の進行抑止が期待できます。

現状の再生医療に期待できる効果は、変形性膝関節症などの進行性の膝関節疾患の進行を止めること、もしくは遅くすることです。
逆に言うと、病気が進行して重度の状態になってしまうと、ほとんど効果は期待できません。
薬物療法やヒアルロン酸注射で治療しているものの、なかなか改善が見られない、もしくは徐々に悪化しているという段階の方にこそ、ぜひご検討いただきたい治療法です。

再生医療の適応範囲

再生医療のメリットとデメリットを教えてください。

メリットは副作用や感染の心配が少ないこと。デメリットは金額と治療実績の少なさです。

再生医療では薬剤や手術療法など外科的な介入による影響(副作用や感染)を受けないので、合併症のリスクが少ないという点はメリットです。
また、多くの場合入院を必要としませんので、患者さんの日常生活やお仕事にも負担になりません。
ただ、ほとんどの再生医療は自由診療なので、一般的な治療に比べて高額になることが多いです。また、新しい治療法で症例数が少ないので、現時点で予測できていないリスクがあったり、効果の持続期間などについては不明確です。
ただし、事前にMRI等で検査を実施し、膝の状態を詳しく確認することで、どの程度の効果が期待できるかを予測することはできます。
再生医療を受けたいとお考えの方には、まず検査受診をお勧めします。

膝の再生医療にはどのような治療法があるのですか?

血液を材料にするもの、幹細胞を用いるもの、軟骨細胞を用いるものがあります。

現在実用化されている治療法についてご紹介します(当院で扱っている治療に関しては詳細ページでご紹介しておりますので、あわせてご覧ください)。

血液を材料にする再生医療

血液に含まれる成長因子(損傷の治癒反応を促進させるタンパク質)や抗炎症サイトカイン(炎症抑制に働く伝達物質)を利用して治療に役立てます。

<当院で受けられる治療>
●APS再生治療
詳しくはAPS再生治療のページをご覧ください。

幹細胞を用いる再生医療

脂肪に含まれる幹細胞の抗炎症作用や組織の修復能力を利用します。

<当院で受けられる治療>
●培養幹細胞治療
詳しくは培養幹細胞治療のページをご覧ください。

軟骨細胞を用いる再生医療

自身の軟骨を体外で培養し、これを欠損した部位に移植するという方法です。入院期間はリハビリも含めて1ヵ月ほど必要になります。

<当院で受けられる治療>
当院では取り扱いがありません。

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00