輿石 暁院長

輿石 暁

様々な大学病院や総合病院で勤務し、医長を務めた経験も持つ整形外科専門医。整形外科医を目指したきっかけが、自身のひざのケガや祖母の変形性膝関節症ということもあり、ひざを専門に診療している。外傷や変形性膝関節症の治療、スポーツ整形に従事し、靭帯の再建手術や人工関節置換術、骨切り術を執刀。外来では超音波を用いた筋膜リリースも行ってきた。ただ、保存療法では効果がなく、しかしながら手術ができない・したくないというケースにも数多く遭遇。自身にできることがないと葛藤する中、低侵襲の再生医療に出会う。
「丁寧な診察と説明」を信条に、日々の診察を行っている。

資格

  • 医師免許(医籍登録番号470948)
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
  • 難病指定医

所属学会

  • 日本整形外科学会

服部 麻倫医師

服部 麻倫

一般整形からスポーツ選手のケガの治療まで、前職では整形外科分野における幅広い診療を経験。トータルケアを重視しており、例えばスポーツ整形では受傷した選手の治療はもちろん、フィールドでの予防医学から治療後のリハビリまでを一貫して行い、活躍を見届けるスポーツドクターを理想とする。実際、中学生の野球チームを対象にしたメディカルチェックは、今も欠かさず行っている。
無限の可能性を秘めた再生医療の追及や、これまで従事した分野にも応用できることにやりがいを見出し、入職。ひざの痛みに悩む声に耳を傾け力になりたいという、整形外科医を目指した原点に回帰し、日々の診療にあたる。

資格

  • 医師免許(医籍登録番号421466)
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  • 日本体育協会認定 スポーツドクター

所属学会

  • 日本整形外科学会

前田 真吾医師

一般整形やスポーツ整形を専門とし、外傷や下肢の手術を数多く手掛けてきたドクター。医学博士を取得するなど、知的経験も豊富。大学病院にて低侵襲手術の開発に従事し、学会での受賞歴に加え国際舞台でも活躍した経歴をもつ。これまでこだわってきた傷や出血といった身体へのダメージが少なくすむ低侵襲な治療法をさらに追求すべく、再生医療の分野に身を投じることを決意し、現在に至る。
患者さまとの信頼関係の構築に重きを置き、わかりやすい説明やニーズに合わせた治療の提案など、患者さまに寄り添った診療を第一に考えている。

資格

  • 医師免許(医籍登録番号491121)
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定 専門医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
  • 難病指定医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本足の外科学会
  • 日本再生医療学会

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00