更新日:

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

こんな方におすすめです

  • ひざが痛くなりはじめた
  • 半月板損傷、変形性膝関節症の方
  • ひざの動き出しに痛みを感じる方
  • 早く痛みを取り除きたい方

ヒアルロン酸注射の特徴

  • 注射で完結する低負担治療

    ひざの痛みを和らげる治療法として、広く提供されているのがヒアルロン酸注射。治療時間の短さも魅力の一つです。

    ポイント1:注射で完結する低負担治療

  • 軟骨保護で痛みと炎症を緩和

    ひざ関節の潤滑油の役割を果たすヒアルロン酸を補充することが軟骨の保護、痛み/炎症の抑制に繋がります。

    ポイント2:軟骨保護で痛みと炎症を緩和

  • あくまで効果は一時的

    ヒアルロン酸は、分解されて体外に排出されるとその効果は失われます。効果はあくまで一時的なものです。

    ポイント3:あくまで効果は一時的

ヒアルロン酸注射とは

治療の概要

治療の目的は以下の3つの点です。

  • 関節の動きをよくする
  • 炎症を鎮める
  • 軟骨を保護する

ひざの痛みは「炎症」に起因することが少なくありませんが、関節内が炎症を起こすと関節液が多量に分泌されます。その結果、関節液の主成分であるヒアルロン酸の濃度は低下し、関節液の滑らかさや弾力性が失われます。つまり、関節液本来の潤滑作用を発揮できなくなるのです。そこにヒアルロン酸を補うことで、関節液の働きを正常に近づけます。
もし、ヒアルロン酸注射を繰り返した結果効果が得られなくなったら、手術や再生医療など、別の方法を検討します。

ヒアルロン酸を関節に補給注入して正常に戻す ヒアルロン酸が不足した関節液に補給注入

期待できる効果

ヒアルロン酸注射に期待できる主な効果は以下の4点です。一時的ではありますが、これらの早期実現が期待できます。

  • ひざの痛みの緩和
  • 炎症が起こりにくくなる
  • ひざの動きが滑らかになる
  • 軟骨の破壊にブレーキがかかる

治療後の注意点

注射治療なので、日常生活を大幅に制限することはありません。ただ、治療後の生理的反応を助長させたり、リスクを高めないためにも、以下の点にご注意ください。

  • 注射当日の入浴時は湯船に入らず、シャワー浴だけにしてください。
  • 注射後の激しい運動はお控えください(注入部位が腫れる可能性があります)。
  • 食事は通常通りで問題ありませんが、喫煙は控えてください。

治療にかかる費用

銀座院の診療の特長

当院では、より良いものがいち早く治療の選択肢となるよう自由診療でご提供しているため、保険適用外となります。

  • 先進的な治療を導入
    保険収載前の治療をいち早く提供
  • 完全予約の少人数制
    予約制で診察や治療前の待ち時間を解消
  • 入院しない治療
    お身体への負担が少ないので日帰り可能
  • メール相談無料
    来院前に気になる点などを気軽に相談可能

料金表

  • 初診料
    ¥3,300医師による問診・診察
  • ヒアルロン酸注射
    • 1本(2.5cc)
      ¥5,500
  • サイビスク
    • 1本(2cc)
      ¥33,000

お支払い方法

4種類のお支払い方法をご用意しております。併用いただくことも可能です。

  • 現金
  • デビットカード
    (ご利用可能金額は50万円まで)
  • クレジットカード

    VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、銀聯

    VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、銀聯
    ※事前に限度額をご確認ください

  • 電子決済
    WeChat

医療費控除について

治療費の一部は、返還される場合があります

医療費控除制度が適応される場合、治療費の一部が税金から還付(返還)されます

当センターの関節治療メニューには、医療費控除制度が適応される場合があります。この制度が適応された場合、お支払いいただいた治療費の一部が税金から還付(返還)されます。

医療費控除制度とは?

医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です

国が国民の医療費負担が高額にならないように設けた公的保障です。
1年間(1月1日〜12月31日までの間)にご本人または、ご家族(生計を一にする親族)が支払った医療費が10万円を超える場合に、確定申告で還付金が受けとれます。医療費控除用の確定申告書には、医療費の支出を証明する書類(領収書など)が必要です。

当院では、治療費の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出ください。また、領収書の再発行は致しかねますので、ご了承ください。

還付金を受け取るための、確定申告について

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署に提出します。
◆確定申告書の記載方法については、こちらの『医療費控除用の記載例』を
ご参照ください。

ご予約から治療までの流れ

  1. 受診のご予約
    当院は混雑や待ち時間をなくすため、完全予約制となっております。

    電話受付時間 9:00〜18:00
    (年中無休/完全予約制)

    0120-013-712

  2. ご予約の確定
    来院日時を確定し、診察当日のご案内が済みましたらご予約完了となります。
    ネット予約の方には、追って当院スタッフよりお電話でご連絡いたします。
  3. 問診・カウンセリング
    まずは、患部の痛みや違和感のある部位について、ケガをされた経緯やこれまで行ってきた治療についてお伺いします。これにより、ヒアルロン酸治療が効果的な症状かどうかを判断します。
    医師に伝えて欲しいこと
    • 痛みの具合や
      治療状況
      痛む部位や程度、現在の治療期間などについてお教えください。
    • 困っていること
      不自由な動作など、具体的な痛みの症状につてお聞かせください。
    • これまでの
      検査結果
      レントゲンやMRI検査を受けた方は、画像をご持参ください。
  4. 診察・コンサルテーション
    患部の痛みの程度や動き具合などを、実際に細かくチェックします。また、ヒアルロン酸の治療内容や流れ、注意事項についてご説明します。
  5. 治療日の確定
    もちろん当日に治療を受けることも可能ですが、迷われている方は診察内容なども踏まえて再度検討いただけます。その場合、改めてご希望の日時をご連絡いただき、治療日を確定します。
  6. 治療
    実際の治療に入ります。治療は10分程度で終了します。

よくある質問

ヒアルロン酸注射のデメリットを教えてください。

一番の不安要素は効果が長く続かないことです。

デメリットは、効果が一時的であること、繰り返し使用すると効果が減弱する傾向にあること、感染症のリスクがあることなどです。
メリットとしては比較的早期に効果が実感できること、軟骨の保護作用が期待できること、注射なので全身に影響する副作用が出ないこと、費用がリーズナブルなことなどが考えられます。
急場をしのぐには良い治療ですが、長期間継続するものではないとお考えください。

メリット デメリット
  • 軟骨の保護が期待できる
  • 短時間で短時間で痛みの改善が期待できる
  • 副作用などの悪影響が全身に及ぶことはない
  • 長期的な効果は期待できない
  • 繰り返し使用することで効かなくなってくることがある
  • 繰り返し使用することで感染症のリスクが高くなる

ヒアルロン酸注射がすごく痛く感じますが失敗でしょうか?

正確に注入できていない可能性があります。

変形性膝関節症が重度だと、本来注射すべき関節包に針が入りにくいことがあります。そうなると激しい痛みを感じるかもしれません。ヒアルロン酸注射は、本来あまり痛みを感じないものです。

ヒアルロン酸注射が効かなくなってきたら手術を受けるしかありませんか?

入院や手術が不要の再生医療が適応になる可能性があります。

すでにヒアルロン酸注射を受けているにも関わらず十分な効果が得られない場合は、関節機能そのものの回復が期待できるPRP-FD注射をおすすめします。
どちらの治療の適応かは、MRI画像を元にひざの専門医が事前に詳しく診断し、効果の見込みも含めてわかりやすくご説明します。もしよろしければMRIひざ即日診断にお申し込みください。

ヒアルロン酸 PRP-FD注射
適応期 初期に高い効果が期待できる 初期~進行期に高い効果が期待できる
作用 軟骨の保護/関節の潤滑 炎症の抑制/組織修復の促進
頻度 週1回を3~5週。
その後は効果に応じて2~4週に1回の投与。
基本的には1回。
ひざの状態によっては複数回を検討。
即効性 ひざの状態が軽度であるほど即効性が高く、治療直後から痛みの緩和を実感するケースも。 個人差あり。早ければ2週間~1カ月ほどで痛みの改善を実感。
持続性 体内に吸収されるので、医師の指示する回数は定期投与が必要。 当院の研究データでは、12ヶ月にわたり改善の持続が見られる。
副作用 ▲一時的な痛みや腫れ
▲注射の繰り返しで感染症のリスクUP
○注射後の反応痛ほぼなし
○注射回数が少なく感染症リスク低い
メリット ◎保険適応で手頃な費用
診察当日にすぐ受けられる
◎炎症という痛みの元を治療できる
組織の修復が期待できる
デメリット ▲効果が一時的
軽度でないと効果を得にくい
▲費用が自己負担
▲採血から治療まで3週間かかる

貴院のような自由診療施設でヒアルロン酸注射を受けるメリットは何ですか?

注射の部位や回数に関して、より細かくご希望にお応えできます。

ヒアルロン酸注射は保険診療でも受けることができます。しかし、保険の適用が認められているのは、一定の回数に限られます。また、適用疾患も変形性膝関節症や、四十肩や五十肩などの肩関節周囲炎のみです(2021年6月以降は股関節への注射も保険適用になりました)。
その点、当院のような自由診療であれば、(医師がその必要性を認めたなら)回数、場所を問わず注射をして差し上げることができます。
保険診療で対応できないご要望がおありの方は、ぜひご相談ください。

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら