たった5分で

再生医療の治療がよくわかる
プレミアム動画

動画のポイント

  • 1治療は2種類。「PRP-FD注射」
    「培養幹細胞治療」

    治療は2種類。「PRP-FD注射」と「培養幹細胞治療」

    当院が行う治療では、患者様の血液と脂肪を活用します。
    血液中の血小板を濃縮した成分を使用するPRP-FD注射と、脂肪組織に含まれる幹細胞を培養して使用する培養幹細胞治療です。
    いずれも膝関節の炎症抑制と痛みや可動域の改善が期待できます。

  • 2痛みを抑える効果は
    6カ月以上持続

    痛みを抑える効果は6カ月以上持続

    当院の症例データによると、PRP-FD注射、培養幹細胞治療とも、治療から6カ月後の痛み指標は40スコア以上低減。
    症状が軽度な方ほど効果大きくなりましたが、その一方で、ヒアルロン酸注射など、他の治療で効果が得られなかった進行期の方にも効果が確認できています。

  • 3PRP-FD注射は「土壌づくり」
    培養幹細胞治療は「種まき」

    PRP-FD注射は「土壌づくり」。培養幹細胞治療は「種まき」

    PRP-FD注射と培養幹細胞治療は、どちらも抗炎症と軟骨再生を促すことで痛みを緩和する治療ですが、似て非なる特徴があります。
    膝を畑に例えるなら、PRP-FD注射は土壌づくり、培養幹細胞治療は種まきです。
    種はあるけれど土壌が良くないのか、種自体がないのかを判断し、最適な治療を提案させていたきます。

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績15,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK