杉原 敦 院長

プロフィール

杉原 敦

広島広島ひざ関節症クリニック

杉原 敦院長Atsushi Sugihara

大きなケガをした経験があり、手術やリハビリの大変さは身をもって実感しています。こうした経験を踏まえ、患者さん目線の、患者さんに寄り添った診療を行います。

  • 元自衛隊医官の整形外科
  • 自身も変形性膝関節症患者
  • 患者さんに寄り添う診療

防衛医科大学校卒業後、海上自衛隊に入隊。整形外科医であると同時に国防の一端を担ってきた。
海上自衛隊在籍中は、艦艇勤務や部隊指揮官を経験するなど、異色の経歴を持つ整形外科医。
大学時代、サッカーの試合中に前十字靭帯を断裂し、再建術を受けたことがきっかけで、整形外科医を志す。

経 歴

  1. 防衛医科大学校 医学科卒業

  2. 1993年
    防衛医大病院 研修医
  3. 1995年
    自衛隊江田島病院 整形外科
  4. 1997年
    防衛医科大学校病院 整形外科
  5. 1999年
    自衛隊佐世保病院 整形外科
  6. 2001年
    防衛医大医学研究科 整形外科
  7. 2005年
    防衛医科大学校 医学研究科修了
  8. 2005年
    自衛隊呉病院 整形外科
  9. 2006年
    海上自衛隊練習艦隊 医務長
  10. 2007年
    自衛隊呉病院 整形外科
  11. 2012年
    自衛隊佐世保病院 整形外科
  12. 2013年
    海上自衛隊呉衛生隊長
  13. 2017年
    自衛隊呉病院 整形外科
  14. 2022年
    広島ひざ関節症クリニック 院長

資格・免許

  1. 医学博士
  2. 日本専門医機構認定 整形外科専門医
  3. 日本整形外科学会認定 リウマチ医
  4. 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  5. 日本医師会認定 産業医

学術活動

学会発表

年 代 学会名 題 名
2005年 第20回 日本整形外科学会基礎学術集会 長期の免荷とその後の再荷重がラットの膝蓋靭帯に与える影響
2005年 第37回 日本結合組織学会学術大会 Influence of Unloading and Reloading on the Ligaments and Tendons of the Knee : Experimental Study on the Animal Model
2005年 第30回 日本膝関節学会 長期の尾部懸垂および再荷重がラットの膝靭帯および腱に与える影響
2004年 第29回 日本膝関節学会 生体親和性Leeds-Keio靭帯(LK II)を使用したACL再建術後早期の所見

スクロールできます

論文発表

年 代 雑誌名 題 名
2006年 J Long Term Eff Med Implants 16(1) Anterior Cruciate Reconstruction with Bioactive Leeds-Keio Ligament (LKII):Preliminary Report
2005年 膝=The knee 30(1) 長期の尾部懸垂による減負荷およびその後の再荷重が膝の腱および靭帯に与える影響
2004年 J Infect 48(4) The effect of hyperbaric oxygen therapy on the bout of treatment for soft tissue infections

スクロールできます

インタビュー

なぜ再生医療の道を志したのか?

きっかけは大学勤務時代の研究と自身のケガの体験大学勤務時代、靭帯の組織再生の研究に携わる機会があり、再生医療に大きな関心を寄せるようになりました。
また、学生時代、私はサッカーの試合中に前十字靭帯を断裂して手術を受けたのですが、その経験も大きいと思います。当時(約30年前)は技術も発展途上で、手術した靭帯は再断裂してしまいました。その影響もあり、現在の私は変形性膝関節症です。幸い、今のところ日常生活やスポーツには支障がありませんが、あの当時、再生医療という優れた保存療法があれば、少しは状況が変わっていたのかもしれないと思います。再生医療への思いは、このような経験を経て徐々に高まっていきました。

きっかけは大学勤務時代の研究と自身のケガの体験

ひざ関節症クリニックを選んだ理由は?

実績の豊富さとハイレベルなスタッフワーク何より惹かれたのは、このグループが持つ、治療実績の豊富さでした。自分自身のケガの経験も踏まえて、治療はなるべく大きな侵襲を伴わず、身体に低負担なものが望ましいと考えています。それを実現できるのが再生医療であり、ひざ関節症クリニックは、その再生医療に特化した治療を全国10拠点以上で行なっている大きなグループです。
加えて、施設を見学した時に垣間見たスタッフワークや接遇のすばらしさにも魅力を感じました。患者さんを大切にし、スタッフ間の信頼関係も厚いことは一目瞭然で、自分もその一員になりたいと強く感じたのです。

実績の豊富さとハイレベルなスタッフワーク

ひざ関節症クリニックで目指したいことは?

患者さん目線の、患者さんに寄り添った診療じっくり時間をかけ、しっかり患者さんと向き合いたいと考えています。
診療の煩雑さから、患者さんに時間をかけて向き合えずに、信頼関係が築けないという医師の悩みを時々耳にしますが、私は忙しい中でも必ず患者さんの目を見て話を聞き、気持ちに寄り添う診療を心がけてきました。その点、当院は完全予約制で、一人ひとりの患者さんに十分な時間を確保できます。
自分自身、大きなケガをした経験があり、手術やリハビリの大変さは身をもって実感しています。こうした経験を活かし、患者さん目線の、患者さんに寄り添った診療を行うことをお約束します。

患者さん目線の、患者さんに寄り添った診療

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国14拠点|治療実績17,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK