PRP-FD注射の治療実績ご報告:3,800症例突破

2020.01.30

診療・治療法

PRP-FD注射3800症例突破

ひざ関節症クリニックグループが2015年11月から導入しておりますPRP-FD注射の治療実積が、2019年12月現在で3,800症例以上となりましたことをご報告いたします。

併せて、当院の治療を受けてくださった皆さまに感謝を申し上げます。

治療法の安全な普及にも取り組みます

PRP-FD注射は、患者さまご自身の血液を原料に、変形性膝関節症に有効な成分を作成し投与する治療です。プロスポーツ選手が近年よく受けているPRP(多血小板血漿)療法の中でも、組織の修復を促す成長因子という物質をさらに濃縮させたものが、PRP-FD注射になります。

 

近年は取り扱う病院も増え、認知が広がっている治療です。当院でも、11月末時点では3,600症例だったので、1ヵ月で200症例以上を行ったことになり、患者さまのニーズの高さを実感しております。

 

ただ、急速な普及において、医療の質が損なわれてはなりません。どういったケースにどう用いるのが有効かなど、医師の主観や感覚ではなく根拠に基づく提案や提供がどこの医療機関でもなされるよう、これまで蓄積した症例データを分析し、情報発信にも引き続き努めてまいります。

 

治療内容や効果を詳しく知りたい方へ ▶︎ 東京ひざ関節症クリニックのPRP-FD注射