PPR-FD注射とは

慢性化した痛みの改善を目指す血液療法

血液の成分とその働き(血漿を除く)

PRP-FDは、傷の治癒に作用する血小板を濃縮したPRPをさらに高濃度に構成したもの。細胞分裂を活性化する成長因子を含んだ成分です。
このPRP-FDをダメージ部分に注入し、患部の修復機能を一次的に高めるというのが、PRP-FD注射の狙い。自分の治癒能力で痛みの改善を目指すことができるのです。実際に、慢性化した肩やひざの痛みへの効果も確認されています。
また、自分の血液内の成分を体内に戻すだけなので、拒絶反応など副作用のリスクはできる限り回避が望めます。

PPR-FD注射のメカニズム

成長因子の様々な働きが肩やひざの痛みに働く

成長因子とは、細胞分裂を活性化するタンパク質の総称。なかでも傷の修復を担う血小板由来の成長因子には、一次的な自己修復機能の向上、組織の修復に働く細胞の呼び寄せ、骨や血管の新生に必要なコラーゲンの産生といった作用があります。
PRP-FD注射はこの血小板由来の成長因子を直接患部へ送り込むことができるため、傷の修復からの痛み改善が期待できるのです。

PRP-FDに含まれる成長因子とその働き
成長因子を豊富に含むPFCを患部に注入
  • TGF-β
    ・損傷した組織や筋細胞の修復と調整
    ・コラーゲンの生成
  • PDGFa-b
    ・組織の修復に関わる細胞分裂を促進
    ・コラーゲンの生成
  • VEGF
    ・血管や炎症を調整する細胞を増加
    ・血管形成にも関与
  • bFGF/EGF
    ・軟骨細胞や骨芽細胞の増加促進
    ・骨や血管の再構築を促進
  • CTGF
    ・軟骨の修復や線維化を促進
    ・血小板の付着が優位な状態を作る
  • 特徴
  • 概要
  • 治療の流れ
  • 料金