PPR-FD注射とは

慢性化した痛みの改善を目指す血液療法

血液の成分とその働き(血漿を除く)

PRP-FDは、傷の治癒に作用する血小板を濃縮したPRPをさらに高濃度に構成したもの。細胞分裂を活性化する成長因子を含んだ成分です。
このPRP-FDをダメージ部分に注入し、患部の修復機能を一次的に高めるというのが、PRP-FD注射の狙い。自分の治癒能力で痛みの改善を目指すことができるのです。実際に、慢性化した肩やひざの痛みへの効果も確認されています。
また、自分の血液内の成分を体内に戻すだけなので、拒絶反応など副作用のリスクはできる限り回避が望めます。

PPR-FD注射のメカニズム

成長因子の様々な働きが肩やひざの痛みに働く

成長因子とは、細胞分裂を活性化するタンパク質の総称。なかでも傷の修復を担う血小板由来の成長因子には、一次的な自己修復機能の向上、組織の修復に働く細胞の呼び寄せ、骨や血管の新生に必要なコラーゲンの産生といった作用があります。
PRP-FD注射はこの血小板由来の成長因子を直接患部へ送り込むことができるため、傷の修復からの痛み改善が期待できるのです。

PRP-FDに含まれる成長因子とその働き
成長因子を豊富に含むPFCを患部に注入
  • TGF-β
    ・損傷した組織や筋細胞の修復と調整
    ・コラーゲンの生成
  • PDGFa-b
    ・組織の修復に関わる細胞分裂を促進
    ・コラーゲンの生成
  • VEGF
    ・血管や炎症を調整する細胞を増加
    ・血管形成にも関与
  • bFGF/EGF
    ・軟骨細胞や骨芽細胞の増加促進
    ・骨や血管の再構築を促進
  • CTGF
    ・軟骨の修復や線維化を促進
    ・血小板の付着が優位な状態を作る
  • 特徴
  • 概要
  • 治療の流れ
  • 料金

当院の治療内容のページをご覧の皆さまへ

ひざ関節症クリニックには、ヒアルロン酸注射で痛みをコントロールできなくなった方や、人工関節や骨切り術といった手術を勧められているけれど不安から踏み切れない方が、再生医療に希望を見出し、日々来院されています。同じように治療法をお探しの方の情報収集が少しでもスムーズになるよう、このページでは、当院の「ひざを切らない治療法」についてご説明。初診ではどんなお話をするか、MRI検査ではどんなことを診るのか、また費用(値段)についても参考になさってみてください。
当院で扱う変形性ひざ関節症の治療法は再生医療が中心ですので、知らない治療に不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。ですが、ご安心ください。ご相談時には、患者さまが疑問点を聞けないようなことのないよう、時間を十分に確保し、ひざをつき合わせた診療を行っております。また、治療を受けるかどうかも一度持ち帰り、ご家族にご相談してから決めてくださって構いません。患者さまがより良い選択をできるよう、スタッフ全員でサポートさせていただきます。

情報提供を行った医師の紹介

東京ひざ関節症クリニック 銀座院院長 服部麻倫

銀座院院長服部麻倫

  • 保有資格

    医学博士

    日本整形外科学会認定 専門医

    日本整形外科学会認定 リウマチ医

    日本体育協会認定 スポーツドクター

  • 所属学会

    日本整形外科学会

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。