膝の治療を考えていますが術後痛みがない治療法はどういう方法ですか?

ひざがとっても痛いです。症状としては、ふつうに歩くだけでキシキシ違和感を覚え、階段を昇り降りするときは痛みが走る感じです。
治療を考えていますが、痛みにとても弱い性質で…。
治療法はもちろん、術後も1番痛みがない治療法はなんでしょうか?

Answer
治療中、治療後ともに痛みが少ない治療法は、保険診療の範囲ではステロイド注射だと思います。強力に炎症を抑えて、痛みを減らしてくれます。
しかし効果は一時的なため、何回も注射を打たなくてはいけないことがあります。ステロイド注射は頻回に行っていると、逆に軟骨へダメージを与えてしまうことがあるため、注意する必要があります。

当院では、痛みの少ない新たな治療法として、培養幹細胞治療やPRP-FD注射といった治療を提供しています。いずれもひざを切開することはありませんので、術後の痛みが不安な方、そもそも手術を受けたくない方などに選択いただいています。
よろしければこうした選択肢もご検討ください。ご希望ございましたら、カウンセリングへお越しいただければと思います。それぞれの治療法について、ご興味お持ちでしたら、下記ページを参考になさってください。

培養幹細胞治療について
PRP-FD注射について
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • それぞれ、どれだけの量の血小板を入れるのでしょうか? 膝の内側また皿の周辺など、定まっていない痛みも対応可能でしょうか?

  • 母親が変形性ひざ関節症と診断されました。 「まだまだ働きたい、痛みなく歩けたら」と言っていたのですが、膝を痛めてからは引きこもりがちになり、考え方もネガティブになっています。 膝の内側の半月板...

  • 前からひざ関節まわりに固さを感じています。例えば、椅子の立ち座り時に特に感じます。でも、変形性膝関節症なら常時ひざが痛いんですよね? これは変形性膝関節症とは違いますよね?

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。