PRPは場所の定まらないひざの痛みにも有効ですか?

情報提供医師

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)日本整形外科学会認定 専門医

それぞれ、どれだけの量の血小板を入れるのでしょうか?
膝の内側また皿の周辺など、定まっていない痛みも対応可能でしょうか?

確かにPRP治療は血液から血小板を濃縮して注射する治療ですが、当院で提供しているPRP-FD注射は、PRPを作成後、成長因子のみを高濃度にして取り出しています。無細胞化してフリーズドライ加工を施しているため、血小板自体は含まれていません。
ただ、修復に作用する成長因子は、PRPの約2倍含まれています。

膝の内側や膝蓋骨周辺の痛み(箇所が定まっていないような状態)に対しても効果は期待出来ます。どれくらいの効果が見込めるかは実際にお膝の状態を見せて頂ければ、治療を検討いただく前に詳しくご説明できます。
まずは適応診断だけでも構いませんので、お気軽にご来院ください。
ご自身に合った治療法を知りたい方は、はじめてのご来院予約よりご予約後、適切な治療をご提案させていただきます。

ひざのお悩み解決に向けて
スタッフ一同全力でサポートします。

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

カテゴリー別

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国14拠点|治療実績17,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK