石段を踏み外し両膝から着地し、その後ずっと痛みがあります

1年前に石段を踏み外し、落ちた際に両膝から着地した事で、両膝を強打しました。
それ以降、日常生活の歩行は可能ながら、階段の昇降には痛みがあり、小走りも厳しく、ヒールがある靴が履けず、正座はできないままです。歩行も長距離はひざがカクカクと引っかかる感じと痛みがあります。
特に左ひざは20代の頃スキーで、靱帯を伸ばし、半月板損傷経験があります。(その際半月板の手術はしませんでした)
運動できないせいか、筋力も落ちてきているのか、週末になると通勤の歩行も痛みがでて辛く、このままだと歩けなくなるのではとの不安が募っています。
何か治療法はありますでしょうか。

Answer
何度か膝のケガを繰り返されていることや、元々半月板損傷を起こしていることを考えると、現在関節内の状態が少しずつ悪化している状態だと思われます。
治療方法に関しては、実際に診察をして今のお膝の状態を確認してからとなりますが、正確な診断を行うために一度MRI検査をされてみては如何でしょうか。その上で、適切な治療方法をご提案させて頂ければと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。