再生医療が適応外となるケースはどのようなときでしょうか?

  1. TOP
  2. ひざ関節痛相談
  3. 再生医療が適応外となるケースはどのようなときでしょうか?

80代前半の叔母が変形性膝関節症と診断され、医師の提案する人工関節置換術を受けるか否か迷っています。
O脚の状態がひどいため、術後、足首の疲労骨折の可能性もあるとの説明を受けました。そこで、負担の少ない再生医療に希望を見出したのですが、現在診察を受けている医師からは、膝の骨の状態が良くないので再生医療は無理だと言われてしまいました。
再生医療にも限界はあると思いますが、治療できない場合についてもう少し詳しい情報を得たいと思い、お問い合わせさせていただきました。

治療の適応外としましては、感染症をお持ちの方、重度の糖尿病の方、悪性腫瘍を患っている方です。
お知らせくださいました内容からは、特に治療の適応外と判断する内容はございませんが、やはりお膝の変形がひどすぎる場合には効果を感じられにくい場合がございます。
可能でしたら、一度ご来院いただいたうえで適応を判断させていただきたいと存じます。
当院の再生医療に関して詳しくは東京ひざ関節症クリニックの提供する医療を参考になさってください。
また何か質問ございましたら、お気軽に当院へお問い合わせお待ちしております。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

ひざのお悩み解決に向けて
スタッフ一同全力でサポートします。

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績15,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK