変形性膝関節症と診断され手術を受けるか悩んでいます

情報提供医師

情報提供医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)日本整形外科学会認定 専門医

バレーやサッカーなどのスポーツを毎週実施。二年前からひざが傷みやすい。内膝を体育館で床にぶつけたためと思われる。普段の生活では痛まず、長時間の歩行、登山、スポーツ後や長いしゃがみから立ち上がる際などに右足内側が押されるような痛み。今般、他院のレントゲンとMRI診察により、半月板損
傷と診断。O脚による変形性膝関節症とも。半月板縫合及び骨切り手術が適当との診断ですが、三週間入院と一年間のスポーツ禁止及び施術後の膝違和感の可能性が心理的負担となり、手術に踏み切る決心がつかず。普段の痛みがほとんどないことも、積極的な手術治療を今、すべきなのかどうか迷う原因。
アドバイス頂きたいのは
・手術が上記課題を超える効果を期待できるものか
・手術を行う時期は今、ではなく、仮に5年後の場合にどのような課題があるか。つまり、診断により他覚所見が発見された今が手術の最適期なのか。
・手術以外の治療法はあるか。普段の痛みがないのに大げさな手術だけが選択肢とも思えないため。(家族に自分自身がうまく説明できなかった)

変形性膝関節症で膝痛があり、お困りなのですね。
是非、以前の痛みが少ないひざに戻って頂きたいと思います。

質問にお答えします。
Q.手術が上記課題を超える効果を期待できるものか
A.現在の状況に比べれば手術は改善を期待できる方法です。骨切りの矯正角度と半月板断裂の状態にもよりますが、アクティビティーが高いですし、以前の膝と同様に戻るかはやってみないと分かりません。

Q.手術を行う時期は今、ではなく、仮に5年後の場合にどのような課題があるか。つまり、診断により他覚所見が発見された今が手術の最適期なのか。
A.骨切りは初期~中期に有効です。提案された時期が的確な時期です。あまり時間がったてしまうと、別の術式になることもあります。膝の使い方は人それぞれなので、5年後の状態によります。

Q.手術以外の治療法はあるか。普段の痛みがないのに大げさな手術だけが選択肢とも思えないため。
A.保険ではリハビリ→ヒアルロン酸注射の次は手術しか選択肢はありません。一般の病院や診療所は保険医療機関の為、当院で行っている再生医療をしたくても出来ないのが現状です。
当院で行っている再生医療は、上記のヒアルロン酸注射と手術の間に位置する方法と考えて下さい。
再生医療を行うことで、手術を受けなくて良くなれば幸いです。

※膝の手術治療についてはこちらでも詳しくご紹介しています。↓
【コラム】変形性膝関節症の手術【費用/タイミング/術後の生活について】

現在の状態に対して診察させていただくとより的確なお話ができると思います。
診察結果に応じて複数の治療法を提案します。

まずはお膝の状態を拝見させていただければと思います。
ご予約お待ちしております。

ひざのお悩み解決に向けて
スタッフ一同全力でサポートします。

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

カテゴリー別

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国14拠点|治療実績18,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK