右膝が痛くなったのですが半月板にも靭帯にも異常がないと言われました

29歳でダンスをやっている者です。
半年ほど前、練習中に右膝が痛くなってしまいました。正座のように深く膝を曲げて体重をかけると痛みがあり、水も溜まっている状態でした。
病院で診察を受け、半月板が怪しいのではないかということでMRIを撮ってもらったのですが問題はないようでした。靭帯も問題ないと言われました。
休養をとれば良くなると思うという事だったので2ヶ月ほど湿布はったりして休み、腫れは引いたのですが原因の分からない痛みは続いています。このような痛みの例は他にありますか?

Answer
MRIの精査では、半月板や靭帯には大きな損傷がなかったとの事で何よりです。
しかし、それ以外にも若くてスポーツをされている方であれば、手術適応にはならないけれども微小な半月板損傷や軟骨損傷、タナ障害などが存在する場合もございます。
当院での血液を使ったPRP-FD治療の適応になる可能性もありますので、まずはMRIを持参いただき、診断させて頂くことが必要です。
ご希望がございましたらカウンセリングのご予約を受け付けておりますのでご検討下さい。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 私の妻なのですが階段の上り下りが大変です。膝が痛むので一段ずつの上り下りです。

  • 母85歳、かなり前から、左ひざO脚膝関節症で、特に最近では歩くと痛くてサポーターとシップ薬を張り、やっと歩いている状況です。整形外科に通ってはいますが気休めにしかならず良くはなりません。膝の手術はした...

  • 武道をやっています。 先日練習で踏切の際に膝を捻り負傷しました。 数日は痛みも酷く、日常生活にも支障をきたしていましたが、辛うじて歩行も出来、内出血等もなかったので、激しい運動は控えたまま1ヶ月様...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。