ひざ痛治療のコラム

膝のMRI検査で何がわかる? 知っておきたいMRIとレントゲンの違い

公開日:
更新日:2021.11.10

ひざのMRI検査に不安を抱いている方はいらっしゃいませんか。MRIと聞いて、一体どんな検査なの? 大掛かりな検査だったらどうしよう? と心配してしまう方も多いはず。 そこで今回は、なぜレントゲンだけではなくMRIをおすすめするのか。MRIで何が分かるのか。実際にMRI診断を受けた患者さまの症例を交えてご紹介します。MRI検査はひざの痛みの原因を特定し、解決に導く治療の前準備です。ひざのMRI検査を控えている方や、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

情報提供医師

保田 真吾 医師

保田 真吾 医師(大阪ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医

MRIとは?

MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの略語で、正式には核磁気共鳴画像法(かくじききょうめいがぞうほう)と言います。MRIという強力な磁石でできた機械に身体を入れて、磁気の共鳴で体内の組織の状態を映し出します。そうやって撮影された情報から、体内にある問題を特定し、疾患や治療法の判断に役立てます。
MRIというと体内にあるがんの有無や脳の検査などのイメージがあるかもしれませんが、一般の整形外科でも頻繁に用いられています。

ひざのMRI検査で何がわかるの?

ひざの検査では、半月板や靭帯の損傷、軟骨がすり減る変形性膝関節症という進行性の疾患が疑われた場合に使用します。MRI画像から、半月板や靭帯がどのくらい傷ついているか、軟骨のすり減り具合や、骨の内部の炎症などを確認することができます。

MRIとレントゲンの違い

MRIよりレントゲンの方が耳馴染みがあるという方は多いのではないでしょうか。レントゲンとは、放射線を身体に照射して撮影する検査のことです。骨の異常や関節の隙間の消失、O脚などはレントゲン検査で観察できます。
ただし、レントゲンで分かるのはあくまで骨の外見のみ。骨の内部まではわかりません。一方、MRIは骨の中(半月板や軟骨、靭帯)まで映し出します。そのため、半月板損傷や、変形性膝関節症の進行状態をより詳細に把握することが可能です。変形性膝関節症は、進行度によって治療方針が異なることがありますが、MRI検査をすることで、病態に合わせた最適な治療法を検討することができるのです。

実際の解説動画でMRI診断を疑似体験!【症例1】

言葉では分かりにくい点もあるかと思いますので、実際の変形性膝関節症のMRI動画でどんなことを確認して、どう判断するのかをご紹介しましょう。
近い症状や境遇をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご自分のひざをイメージしながらご覧になってみてください。

まず紹介する患者さまは、受診する1年程前から、ひざの痛みに困っていた40代の女性。日常生活でも支障が出始めたため、MRI検査を受けることを決心されました。
MRI診断を行ったところ、痛みの原因はひざの外側の半月板損傷であることが判明しました。

変形性膝関節症と診断された方のMRI診断【症例2】

次にご紹介する患者さまは、78歳の女性。20年も前から両ひざの痛みに悩んでいたと言います。近所の病院で何回もヒアルロン酸注射を打ち続けてきましたが、痛みが改善することはありませんでした。
かかりつけの病院で相談しても「加齢だからしかたない」「人工関節しかない」と言われ続けてきたそうです。
痛みはどんどん強くなるものの、それでも「人工関節にはしたくない!」という、とても強い想いを持たれていたこちらの女性。まずはひざ痛みの原因を知るためにMRI検査を受けられました。

変形性膝関節症の末期と確定診断

右ひざの内側に骨棘(こつきょく)と呼ばれる、骨の異常を確認。これは骨がトゲのように変形する、変形性膝関節症の代表的な画像所見です。
また、画像の囲み部分は、本来なら半月板が見られるはずの関節の隙間が、完全に消失している状態を示します。この情報から、変形性膝関節症の末期という確定診断になりました。

O脚の度合いも測定

同時に、O脚の度合いも測定しました。大腿骨と脛骨の外側の角度を測定することで、どれくらいO脚が進行しているか診断することができます。個人差はありますが、このような値が目安です。
・180°以上……O脚
・176°前後……正常
・176°以下……X脚
こちらの患者さまの角度は、184°つまり、O脚であると言えます。

骨髄浮腫の状態から骨の中のダメージも明確に

骨や軟骨の表面がすり減っているだけでなく、骨の内部にも相当のダメージを受けていることが分かりました。
さらにMRIで半月板を見やすい条件に設定にして確認したところ、ひざ関節の外側にも深刻な異常が見られました。丸で囲んだ部分をご覧ください。黒い三角形は半月板です。その中に白い線をご確認いただけるでしょうか。これは半月板断裂の所見。MRI検査によって、半月板がここまで損傷していることがわかったのです。

触診では分からない、ひざの水たまりも

MRIはひざ関節を正面からだけでなく、いろんな角度でスライスして観察することができます。こちらもそのひとつ。膝蓋骨(ひざのお皿)の位置でひざ関節を輪切りにしています。
こちらの角度から見ると、水がたまった部分が白く映し出され、炎症によって起こった関節水腫が認められました。たまっている水の量が少ないと触診ではわからないことがあります。このような状態もMRIなら映し出すことができます。
結果、このようなMRIの所見から、患者さまは変形性膝関節症の末期の中でも深刻な進行具合であることが判明。人工関節だけは避けたいという強い思いから、当院の再生医療を選択されました。

こんなに気軽! 今どきのMRI検査事情

さて、みなさんはMRI検査にどんなイメージをお持ちでしょうか? 病院で先生に勧められる以外で受けられるの? 予約とか順番待ちとかめんどくさくない? そんな疑問や不安があるかもしれませんが、それは少し前の話。今はとても気軽に、しかもスムーズに、検査から診断まで受けることができます。

1.待ち時間は不要

例えば、総合病院や大学病院などでMRI検査を予約しようとした場合、かなり先まで埋まっていて、1ヵ月以上かかることも少なくありません。
理由は、ひざが直接的に生死に関係していないから。緊急度の高い脳や心臓などの検査が優先されるためです。しかし、今はMRI検査だけの専門施設が存在します。各医療機関で完備すると診断との兼ね合いもあり混雑してしまいますが、検査を独立させることでその問題を解消。
また、日本全国にその施設がいくつもあり、診断は近所で受けてから病院に向かうなどの融通も利きます。つまり、受けたいときに待ち時間なく受けられるというわけです。

2.検査から診断までが1日以内に完了

検査施設と実際に診てくれる病院が別だと、検査とは別の日程を確保しなければいけないと思う人もいるでしょう。ですが、そんな心配もありません。
MRI検査を受けた直後、そのデータは病院へ転送されます。患者さまは検査を終えたその足で、診断してくれる病院に行くだけ。1日のうちに検査から診断までを終えることができます。

3.MRI画像はセカンドオピニオンにも使用可能

MRIに限らず、検査画像は医療機関が所有するところが一般的でしょう。ですが、ここでご紹介しているMRI検査の場合、患者さまに検査結果をお渡しすることも可能です。
つまり、診断を受けたあとにセカンドオピニオンを求めたい場合、再度その病院で検査を受けなくても、持ち込みデータで診てもらうことができるということ。追加費用をかけることなく、別の医療機関を利用することが可能なのです。

ひざの痛みにお困りなら、まずMRI検査を

ひざの痛みでお悩みならまずはMRI検査を受けることをおすすめします。MRIを撮ることで、膝の痛みの原因を特定、その後の治療もスムーズになり、効果も早く実感できるでしょう。
当院では、前段で紹介した1日で検査から診断までスムーズに受けられるMRIひざ即日診断がございます。ご興味がある方は、『MRIひざ即日診断』からお気軽にお問い合わせください。

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績14,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK