他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか?
また、このような場合、患部の状態にもよると思いますが、円板状を半月型に整形手術してから、培養術を行うべきなのでしょうか?

ご年齢はおいくつでしょうか?
どのような経過でお痛みが出られていますか?
円板上半月でも損傷がなければ気づかれないことも多く、損傷又は変性により初めて気づくことが多いです。
状態によっては先に半月板の形成が宜しいかと思いますが、
円板上半月板の場合、形だけでなく厚みも普通より厚くて中に亀裂が言っていることが多くあり形成が難しいこともあります。
主治医の先生のお話で手術を勧められている状態であれば先に手術を受けて頂いた方がいいと思います。
その後痛みが残るようであればその時点で当院の治療を検討しましょう。
手術は勧められていない状態であれば、早めに当院へお越しください。出来ることがあれば早い方がいいと思います。
適応については実際にお膝の状態をみせて頂いてから判断いたします。
当院ではMRI検査と医師による診断が受けられるMRI即日診断を行っています。ぜひ一度ご来院ください。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら