膝の水たまりを繰り返しています

1ヶ月ほど前から右膝に違和感があります。
最初のうちは腫れることもなく膝の裏側とふくらはぎが痛むような感覚だったので、家の近くの整形外科で診てもらい様子見ということで痛み止めを飲んでいました。
しかし全く良くならず、再度受診をしてレントゲンを撮ったところ、顕著に右膝が腫れていたので別の痛み止めに変えました。が、余計に腫れて痛みも強くなった為、別の整形外科で診てもらったところ水が溜まっているとのこと。水抜きをし、湿布を貼って様子を見ていました。水を抜いたことで動かしやすくはなったのですが、違和感や痛みは消えず、水を抜く前の状態に戻った感じがして再度受診をしたところ、また水が溜まっていて「滑膜炎だね」と言われ、二度目の水抜きをしました。
今はまた同じ湿布をして様子を見ているのですが、滑膜炎の原因はわからないし、根本的にその炎症を治療しない限り、また水が溜まって抜くことになるのでは、と不安です。今後どのような治療を進めていったらいいでしょうか?

Answer
右膝の痛みが中々とれず、とてもお辛いことと思います。
診察をしない中で確実な事はお伝え出来ませんが、仰る通り、膝の中に炎症が起こる原因があり、腫れが続いていると思います。
しかし、その原因としてはやはりMRIなどで判断しなければ、正確なところはわかりません。炎症の原因も半月板損傷や軟骨損傷など多岐にわたりますので、痛みが持続しているのであれば、一度MRI検査を検討されてみては如何でしょうか。
その上で、何か当院にて出来ることがあればいつでもご連絡いただければ幸いです。お大事になさってください。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。