膝離断性軟骨炎で手術を受けたのですが右膝だけ炎症が残っています

高校二年生の息子ですが、サッカーをやっています。
約1年前に両膝離断性軟骨炎の内視鏡手術をしました。
1年3ヶ月たち、左膝は完治しましたが、右膝の軟骨がまだピッタリくっついておらず、軟骨の炎症および骨の炎症もあります。
サッカー早期復帰するには、PRP-FD注射は有効でしょうか?

Answer
もっと程度のきつい変形性膝関節症にも有効なので痛みには有効です。
(もちろん分離・非分離・遊離などの程度によります。)
基本的には、使いすぎによるものですが本格的に取り組んでいると親としても辛いですよね。
関節内だけでなく、腱や靭帯にも使用されるのは、他に方法がないからです。
PRPが世界で初めて報告されたのが、2003年です。
それから進化したPRP-FDは注射時の痛みもPRPより少なく、我々のグループではこれまでにPRP-FDだけで320例ほど症例数があり日本一です。
ホームページの説明(値段も含めて)をみて再度ご検討して頂ければと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 70歳の女性です。長年、腰痛、膝の痛みを抱えながら暮らしてまいりました。特に左側股関節の痛みが激しくなり、1ヶ月前に人工股関節の手術をし、5日間の入院を経て自宅(浦安市)でリハビリを続けています。 ...

  • 現在47歳です。右膝を若い時に怪我し、前十字靭帯、内側、外側靭帯、半月板も除去しました。その後7年くらい前から徐々に痛みだし、ここ1年前からは左膝も痛み見てもらったところ、外側の半月板が無くなってると...

  • 68歳男性です。半年前に転倒し右膝を打撲しました。しばらくしても痛みが取れず右足に重心を掛ける事が困難なため近くの整形外科2医院で診察してもらいました。結果は同じで骨に異常は無いので暫く湿布をして下さ...