膝離断性軟骨炎で手術を受けたのですが右膝だけ炎症が残っています

高校二年生の息子ですが、サッカーをやっています。
約1年前に両膝離断性軟骨炎の内視鏡手術をしました。
1年3ヶ月たち、左膝は完治しましたが、右膝の軟骨がまだピッタリくっついておらず、軟骨の炎症および骨の炎症もあります。
サッカー早期復帰するには、PRP-FD注射は有効でしょうか?

Answer
もっと程度のきつい変形性膝関節症にも有効なので痛みには有効です。
(もちろん分離・非分離・遊離などの程度によります。)
基本的には、使いすぎによるものですが本格的に取り組んでいると親としても辛いですよね。
関節内だけでなく、腱や靭帯にも使用されるのは、他に方法がないからです。
PRPが世界で初めて報告されたのが、2003年です。
それから進化したPRP-FDは注射時の痛みもPRPより少なく、我々のグループではこれまでにPRP-FDだけで320例ほど症例数があり日本一です。
ホームページの説明(値段も含めて)をみて再度ご検討して頂ければと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 29歳でダンスをやっている者です。 半年ほど前、練習中に右膝が痛くなってしまいました。正座のように深く膝を曲げて体重をかけると痛みがあり、水も溜まっている状態でした。 病院で診察を受け、半月板が怪...

  • 18歳の息子ですが、円盤状半月板で1年前に切除術と縫合術をうけ、90度以上膝を曲げない、走らない生活をするしかないと言われています。 何も運動をできず自転車も乗れない状況なのですが、SCAFFなどが...

  • 右膝は軟骨がすり減りヒアルロン酸注射を月に1度行っています。 右膝をかばい左膝まで痛くなり最近はビッコをひいてるありさまです。 大学病院整形外科のひざ関節診にかよっているのですが、いくいくは右膝の...