膝の裏が痛くなり日常生活もスムースでなくなり困っています

数ヶ月前から膝の裏が痛くなり地元の整形外科に受診したところ、外側性半月板損傷と言われ手術と言われました。セカンドオピニオンを受けた結果、外側性半月板損傷では無く膝の裏に腫瘍がある事が分かり、その影響と言われました。今のところ手術は無くリハビリと言われましたが、日常生活が上手く行かず(正座は出来無い座る立つ事に時間がかかる)困っています。リハビリは毎日やっていますがいっこうに良くなりません。返って悪くなっています。どうしたら良いのか分かりません。

Answer
まず、痛みの原因が何かということでお返事の内容が変わってきます。
外側半月板損傷による痛みとすればヒアルロン酸など関節内注射とリハビリをしながら様子を見るか、手術でクリーニング(部分切除)するかだと思います。
年齢によりヒアルロン酸の保険適応がありますので30歳以下ではできません。
膝の裏の腫瘍とするとそれが何かにより治療は大きく変わりますが、多いのがベーカー嚢腫です。これで有れば数センチ程度の大きさで外から触れることができていれば穿刺し、中のゼリーを吸引することにより症状が楽になることが予想されます。
しかしそれを提案されなかったようですのでベーカー嚢腫ではないかもしれませんね。
いずれにせよ、きちんとした診断のもとに治療をされた方が良いと思いますのでMRIをお持ちの上、更に保険診療可能な医療機関で出来るだけ膝の専門医がいる病院を探して受診されるのが宜しいかと思います。
もし、半月板損傷又は変形性膝関節症による痛みという結果になりましたら、当院でもお力になれることがあるかもしれませんので、ご連絡いただけましたら幸いでございます。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 武道をやっています。 先日練習で踏切の際に膝を捻り負傷しました。 数日は痛みも酷く、日常生活にも支障をきたしていましたが、辛うじて歩行も出来、内出血等もなかったので、激しい運動は控えたまま1ヶ月様...

  • 他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか? また、このような場合、患部の状態...

  • 現在47歳です。右膝を若い時に怪我し、前十字靭帯、内側、外側靭帯、半月板も除去しました。その後7年くらい前から徐々に痛みだし、ここ1年前からは左膝も痛み見てもらったところ、外側の半月板が無くなってると...

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。