数ヶ月前から膝の裏が痛くなり地元の整形外科に受診したところ、外側性半月板損傷と言われ手術と言われました。セカンドオピニオンを受けた結果、外側性半月板損傷では無く膝の裏に腫瘍がある事が分かり、その影響と言われました。今のところ手術は無くリハビリと言われましたが、日常生活が上手く行かず(正座は出来無い座る立つ事に時間がかかる)困っています。リハビリは毎日やっていますがいっこうに良くなりません。返って悪くなっています。どうしたら良いのか分かりません。

まず、痛みの原因が何かということでお返事の内容が変わってきます。

外側半月板損傷による痛みとすればヒアルロン酸など関節内注射とリハビリをしながら様子を見るか、手術でクリーニング(部分切除)するという治療方法が考えられます。

原因が膝の裏の腫瘍である場合、それが何かにより治療は大きく変わりますが、最も多いのがベーカー嚢腫です。

《ベーカー嚢腫とは》
関節には、摩擦を減らし滑らかに動かすために、滑液包と呼ばれる小さな袋状の物が存在します。関節内に何らかの要因で炎症が起き、必要以上に関節液が分泌され、これが膝の裏にある滑液包内に溜まってしまうことで起こる症状です。

《ベーカー嚢腫の治療法》
大きさが小さく、日常生活に支障がない場合は経過観察でも問題ありませんが、可動域制限や痛みなどがある場合は、針を刺して水を抜く「穿刺」という治療を行います。

ただし炎症の原因の治療を行わなければ、治療を行っても症状を繰り返すことがあります。
炎症の原因として考えられるのが変形性膝関節症です。変形性膝関節症とは、ひざ関節の軟骨が擦り減ったために、痛みや歩行障害を来す疾患で、適切な治療を早期に行わないと、どんどん関節の変形が進行してしまい、末期になると人工関節手術を検討していくことになります。

いずれにせよ、きちんとした診断のもとに、早期治療をされた方が良いと思いますのでMRIをお持ちの上、更に保険診療可能な医療機関で出来るだけ膝の専門医がいる病院を探して受診されるのが宜しいかと思います。
当院ではMRI検査と専門医の診断を一緒に受けられるMRIひざ即日診断をご用意しており、専門医が膝の状態を詳細に確認したうえで、治療の適応を診断いたします。ご自分の膝の状態がどうなっているのか詳しく知りたい、という方はぜひ一度当院へご相談ください。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら