4ヶ月くらい前に膝の関節鏡の手術を行いました。(10年前にも同じ手術をしています)
術後も腫れと痛みに悩んでいます。半月板をいためた原因で思い当たることは25年以上にわたって長い距離を走っていました。現在は週一回ヒアルロン酸の注射と鍼と自分で毎日ストレッチをしたりしています。普通に歩くぶんには何とかなるのでが階段の上り下り、自転車にも乗れない等不便です。74歳です。

長い年月に渡り、半月板損傷の痛みに悩まれているようですので、変形性膝関節症を発症している可能性も否定できないと思われます。
その場合、当院の診療で改善が期待できるかもしれません。と言いますのも、当院の患者さまの多くが同じように変形性膝関節症や半月板損傷の痛みに悩まれており、関節鏡の手術を受けられたという方も少なくありません。
ひざ関節症クリニックグループでは、これまでPRP-FD注射は3,600例以上、幹細胞治療は2,000例以上行ってきました(2019年11月現在)。そうした症例の治療データから言っても、お役に立てるかと思います。

ただ、お膝の状態は患者さま一人ひとりで異なり、それが効果の度合いにも影響します。そのため、当院ではまずMRI画像も参考にしつつ、詳しくお膝を診察し、確定診断を行います。その上で、再生医療の適応かどうか、どれくらいの効果が見込めるかなどを判断し、わかりやすくご説明しております。

まずは一度、お膝の状態を拝見させていただければと思います。初診は、はじめてのご来院予約よりお問い合わせの上、ご来院お待ちしております。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら