そちらにはなぜレントゲン設備がないのでしょうか?

そちらの病院には、なぜレントゲンがないのでしょう。今は町医者にも、レントゲンの設備はありますから、なぜないのか疑問です。

Answer
レントゲン装置を設置する必要がないため、設置しておりません。
当院で行う治療では軟骨の状態を把握する必要があります。
しかし、レントゲンは骨の輪郭を確認することはできても、軟骨を確認することができません。
レントゲン装置は当院の治療に必須の検査ではないため、レントゲン装置を設置しておりません。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 55歳女性です。 昨年4月に変形性股関節症と診断され、「すぐに手術をする必要はないが、将来的には人工関節置換術を受けることになるかもしれない」と言われました。 そちらのクリニックでは、股関節の治療...

  • 股関節が悪く、50歳頃は変形性股関節といわれ、53歳頃に乳癌手術後の服薬後に悪化し、大腿骨頭壊死と言われまして整形外科では人工股関節を進められます。 股関節からくる膝の痛みもあるのですが、貴院は、表記...

  • 自由診療にあまり馴染みがありません。保険診療がイコール全部安心というわけではないと思いますが、東京ひざ関節症クリニックにおける自由診療の安全性は、どのくらい確保されているのでしょうか?

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。