SCAFF治療を受けたいと考えております。
男性・60代後半・職業ホームヘルパー。40年ほど前に、右下腿骨複雑骨折し、金属による、固定手術をしました。そのさい、足が内側に曲がってついてしまい、右足がO脚になってしまいました。
右足が3センチ位短い。1年くらい前から膝が痛くなり、歩き始めのときと、膝の曲げ伸ばしのとき特に痛みます。歩行時も痛くて歩くのがつらいです。近所の整形外科でヒルアロン酸注射をしてもらいましたが、まったく効果がありませんでした。診断名:変形性膝関節症でした。

当院では外傷に起因する変形性膝関節症へのSCAFF天然関節治療の実績もあり、効果は期待できると考えられますが、現在はSCAFF以上に効果が期待できる培養幹細胞治療を行っております。まずは診察と画像診断が必要となりますので、『ご来院予約』よりお問い合わせいただければと思います。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら