膝の軟骨がなくなり膝痛があるのですが、今後もマラソンを続けたいです

48歳、男性です。
昨年の11月にジョギング中に右内膝に痛みが出たので、近くの整形外科で診察してもらった結果、軟骨が無くなってしまった状態になってしまいました。
現在、膝に水が溜まると水を抜きヒアルロン注射の治療をしてますが、今後は走る行為はやめた方がよいとのことです。
年に一度のウルトラマラソンに参加してきて、これからも続けたいのですが、そちらの治療で走り続けることができるようになりますでしょうか?

Answer
軟骨が無いなら変形性膝関節症の状態と推察されます。
保険でも保険外でも膝の変形の程度に応じて治療法が変わります。
程度がきついと(末期でKL分類4)保険では普通は人工膝関節となります。
保険医療機関では当然保険のきく範囲でしか対処できません。
しかし、技術的にできないのではなく、保険の効く範囲ではそれしかない、という意味です。
当然新しい治療法はまだ保険が効きませんが、将来は保険が適応されます。
しかし10年~20年先の話です。
医学の発展に伴い良い治療法(この場合は再生医療分野)はどんどん開発され、普及します(医療の進歩)。
また、マラソンしてる人は脂肪が少ないことが多いので、血液治療のPRP-FDか少量の脂肪を培養する治療法で行うことが多いです。
MRI画像と実際に診察しての理学所見にもよりますが、当院のホームページを事前に(値段も含めて)見て頂き、
ご興味をもって頂けましたらいつでもカウンセリングできますのでお気軽にご相談下さい。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 4年半前に左膝に色素性絨毛結節性滑膜炎(PVS)を発症、膝の前後を切開手術して除去しましたが、10か月後に再発、2度目も全く同じ手術を受けました。その後昨年末に3度目(今度は脛骨に転移)の手術では除去...

  • 他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか? また、このような場合、患部の状態...

  • 変形性膝関節症と診断を受けていますが、適応診断とは、軟骨が残存しているかどうかでしょうか。末期といわれリハビリ(週1回)しながら、筋力トレーニング(自宅)を行い、仕事に出ています。人工関節手術の時期は...