膝の軟骨がすり減りヒアルロン酸注射を打っていますが、いずれ人工関節と言われました

右膝は軟骨がすり減りヒアルロン酸注射を月に1度行っています。
右膝をかばい左膝まで痛くなり最近はビッコをひいてるありさまです。
大学病院整形外科のひざ関節診にかよっているのですが、いくいくは右膝の人工関節の手術をと考えるとのことらしいです。
出来ることなら人工関節の手術はしたくないのです。
どうしたらよいのでしようか?又恥ずかしい話しですが何百万も医療費に使えないのが現状です。

Answer
変形性膝関節症の状態と推察されます。
保険でも保険外でも膝の変形の程度に応じて治療法が変わります。
程度がきついと(末期でKL分類4)保険では普通は人工膝関節となります。
保険医療機関では当然保険のきく範囲でしか対処できません。
しかし技術的にできないのではなく、保険の効く範囲ではそれしかない、という意味です。

当然新しい治療法はまだ保険が効きませんが、将来は保険が適応されます。
しかし10年~20年先の話です。
医学の発展に伴い良い治療法(この場合は再生医療分野)はどんどん開発され、普及します(医療の進歩)。
MRI画像と実際に診察しての理学所見にもよりますが、
当院のホームページを事前に(値段も含めて)見ていただいて、ご興味をもっていただけましたらいつでもご相談下さい。

セルソース培養幹細胞治療が最も成績が良いですが、程度が末期でなければご自身の血液を使用したPRP-FD(ダブル)が現実的です。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 1年前に腰部固定術の手術を受けました。それと関係あるのかどうなるかわかりませんが、その後、3ヶ月たったこらから、椅子に座ると膝が痛くなり長く座れなくなってしまいました。近所の整形外科へ何軒か行きました...

  • 先月膝の痛みを感じ医師の診断を受けたところ、変形性膝関節症と診断され超音波治療や、膝の水を抜きヒアルロン酸の注入等の治療を3回ほど受けました。その後痛みは改善どころか益々ひどくなり、歩行も困難になり、...

  • 高一の息子の足首の件で相談です。中学校時代に野球で何度か捻挫をし、主力だったため完全に治らないうちにプレーを再開したりしたためか、どうも捻挫癖と慢性的な疼痛?のような感じ残ってしまったようです。今、地...