30年ほど前に両膝の半月板と内側側副靭帯損傷。ここ4ヵ月間、多少の痛みと水腫(左のみ)が続いています。
PRPの治療にとても興味があり、検討しています。何点か質問をさせてください。

1:貴院の治療は、他院のPRPと違うのですか?
2:貴院のPRPのハーフショットとフルショットはどう違うのか?
3:症状が出ていない状態でもPRPの治療は適応になるのか?
4:注射後のリハビリは通院で行うのか、また自分で行う場合、スポーツの種類に応じたリハビリアドバイスをしっかり受けられるサポートがあるのか?

以上4点、ご回答をよろしくお願いします。

ご質問へ回答いたします。

1:当院の治療と他院のPRP治療との違い
一般的なPRP治療では、血液中の血小板という細胞を濃縮して、そのままひざに注射して治療します。なぜなら、血小板が作り出す"成長因子"と呼ばれる有効成分が、痛みの緩和やひざの修復に役立つことが分かっているからです(※)。
一方、当院で扱うPRP-FD注射では、この成長因子だけを濃縮して、活性化させたものを患部に注入します。当グループの調査では、変形性ひざ関節症などの関節内の疾患に対しては、PRP治療よりもPRP-FDのほうが痛みの改善率が高いという結果が見られており、日本再生医療学会でも報告しました。
また、PRPは各クリニックに作成機器を備えて行うことが主流ですが、PRP-FDの加工は厚労省の認可を受けた専門の施設で作成するため、品質のばらつきがないことも違いのひとつにあげられます。
>PRP療法|東京ひざ関節症クリニックの場合

2:PRP-FD注射のハーフショットとフルショットの違い
フルショットは、注入量がハーフショットの倍です。つまり成長因子も2倍ということになります。
どちらが良いかは患者さまのお膝の状態によって異なりますので、事前に詳しく診断したうえで、適切な治療プランをご提案しております。

3:症状が出ていない状態でもPRPの治療は適応になるのか?
症状がなくても適応になる場合がございます。こちらもお膝の状態を確認した上で、治療の適応や効果の見込みをわかりやすくご説明させていただきますので、ご希望ございましたら、一度カウンセリングへお越しください。

4:注射後のリハビリは通院で行うのか、また自分で行う場合、スポーツの種類に応じたリハビリアドバイスをしっかり受けられるサポートがあるのか?
当院でPRP-FD注射を受けられた患者様には、注入日、1ヶ月、3か月の診察時にあわせて、リハビリの指導をさせていただいております。
適した方法は患者さま一人ひとりで異なりますので、メディカルトレーナーが実際に施術したり、患者さまの生活スタイルやお身体の癖に適したアドバイスを行います。

効果を得られるのか不安を感じていらっしゃる場合、MRI検査を使った診断をおすすめしております。お膝の状態を詳しく見ることができますので、当院の治療経験と合わせて改善の見込みなどをお話しすることが可能です。

MRI即日ひざ診断について詳しくはこちらをご覧ください
動画でも検査の流れや様子をご覧いただけます。

※Hesham El‐Sharkawy, et al. Platelet‐Rich Plasma: Growth Factors and Pro‐ and Anti‐Inflammatory Properties. Journal of Periodontology; Volume78, Issue4, p661-669. 2007.

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

はじめてのご来院予約

再診の方
はこちら

メール
相談

完全予約制 待ち時間ありません