母親が変形性ひざ関節症と診断されました。
「まだまだ働きたい、痛みなく歩けたら」と言っていたのですが、膝を痛めてからは引きこもりがちになり、考え方もネガティブになっています。

膝の内側の半月板がつぶれているみたいです。
若い頃全身に大火傷を負ったためケロイドがあったり、皮膚移植を何度も行ったりしていて、そのせいで手術は無理だと今の病院で言われました。
やはり無理なのでしょうか?

大変お辛い状態ですね。

皮膚移植していることで手術が難しくなることはあります。皮膚が固くなっていると可動域にも影響が出たり、術後のに皮膚や筋肉などが癒合(くっつく)する際に影響が出たりする可能性があるからです。

ただ、絶対に手術ができないとは言えないと思います。手術を検討されているのであれば、複数の先生に意見を聞かれるのが宜しいかと思います。

もしも手術を希望されない、どうしてもできないといった場合、当院で提供している治療で改善が見込めるかもしれません。大変お手数ではございますが、是非一度ご来院いただき、お膝の状態を確認させていただければと存じます。

当院の治療法はこちらからご確認ください。

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00