皮膚移植後だと膝の手術は受けられませんか?

  1. TOP
  2. ひざ関節痛相談
  3. 皮膚移植後だと膝の手術は受けられませんか?

母親が変形性ひざ関節症と診断されました。
「まだまだ働きたい、痛みなく歩けたら」と言っていたのですが、膝を痛めてからは引きこもりがちになり、考え方もネガティブになっています。

膝の内側の半月板がつぶれているみたいです。
若い頃全身に大火傷を負ったためケロイドがあったり、皮膚移植を何度も行ったりしていて、そのせいで手術は無理だと今の病院で言われました。
やはり無理なのでしょうか?

大変お辛い状態ですね。

皮膚移植していることで手術が難しくなることはあります。皮膚が固くなっていると可動域にも影響が出たり、術後のに皮膚や筋肉などが癒合(くっつく)する際に影響が出たりする可能性があるからです。

ただ、絶対に手術ができないとは言えないと思います。手術を検討されているのであれば、複数の先生に意見を聞かれるのが宜しいかと思います。

もしも手術を希望されない、どうしてもできないといった場合、当院で提供している治療で改善が見込めるかもしれません。大変お手数ではございますが、是非一度ご来院いただき、お膝の状態を確認させていただければと存じます。
当院の特徴や初診の際にどういったことを行うかは、こちらのページも参考になさってみてください。
東京ひざ関節症クリニックの医療サービスや来院された患者様の声

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

ひざのお悩み解決に向けて
スタッフ一同全力でサポートします。

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK

キーワード検索

カテゴリー別

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績15,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK