右変形性足関節症と言う事で、脛骨の骨切り手術を受けました。
術後は元々の足首の痛みは軽減されたようでしたが、その後次第に、歩行時に足首全体に痛みが起こり(日によって痛みの箇所は違う)、毎朝鎮痛剤を服用しています。
先日、レントゲン撮影の結果から、骨の再生は順調で、歩行もブレもなく安定しているとのこと。但し、痛みの原因は術前よりも脛骨と距骨の隙間が狭くなり歩行時に摩擦が起こり、距骨側の軟骨減少もあっての痛みと思われるとの見解でした。痛み軽減は、足首の固定術しか無い、薬などでの鎮痛は一時的だといわれました。
年齢的にも再手術は考えて難く、せめて歩行時に我慢出来る程度まで痛みの軽減を望んでいます。
このような症状への治療はいかがでしょうか。

足首のご相談でございますね。
お膝専門のクリニックではございますが、当院院長であれば足首の診察も可能でございます。
ご相談者さまの足関節に当院の再生医療が適応かどうかは、実際に診察してみないとわかりませんが、膝の骨切り術後に再生医療を行った経験でしたら、当グループにもございます。足関節の例でなく恐れ入りますが、膝の骨切り術と血液や幹細胞治療を併用した研究では、痛みにおいて良好な結果が報告された例もあります※。
当院では、MRI画像を用いて詳しい診察と治療の提案をさせていただいております。治療を受けるかどうかのご検討はその後でもじっくりお考えいただけますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

東京ひざ関節症クリニックのMRI診断の詳細

※Koh YG. et,al. The Journal of Arthroscopic and Related Surgery. Vol 30, No11, 2014:1453-1460

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

はじめてのご来院予約

再診の方
はこちら

メール
相談

完全予約制 待ち時間ありません