登山で膝を痛めてから不安定さがずっとあります

一年前、登山した際の下山時に膝を痛めました。二ヶ月ほどすると自然と痛みが消えましたが、その後も不安定さが残り、整形外科を受診しました。レントゲン、MRIも撮影した上での診断名は変形性膝関節症となっています。週一回、ヒアルロン酸注射をしていますが、不安定さは消えません。
症状として、痛みは全くありません。常にそっと歩かないといけない頼りなさがあります。走ることはもちろんできません。不安定ですが「膝崩れ」といったことはありせん。この症状は本当に変形性膝関節症と言えるでしょうか?また貴院における診療方法としてどのような選択肢が考えられるでしょうか?PRP療法に興味を持っています。

Answer
確かに、変形性膝関節症で軟骨がすり減ると、膝の不安定性を感じることがあります。
しかし、多くの場合、痛みを伴います。
そのため、今の状況が変形性膝関節症に由来するものかどうか判断することが難しいです。
筋力低下や関節機能低下などからも不安定感は出ます。
一度、体の機能評価を受けてみてはいかがでしょうか。
機能の改善をしても尚、不安定感が残る場合には、PRP治療などで関節の中の治療する必要があると思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 29歳でダンスをやっている者です。 半年ほど前、練習中に右膝が痛くなってしまいました。正座のように深く膝を曲げて体重をかけると痛みがあり、水も溜まっている状態でした。 病院で診察を受け、半月板が怪...

  • 18歳の息子ですが、円盤状半月板で1年前に切除術と縫合術をうけ、90度以上膝を曲げない、走らない生活をするしかないと言われています。 何も運動をできず自転車も乗れない状況なのですが、SCAFFなどが...

  • 右膝は軟骨がすり減りヒアルロン酸注射を月に1度行っています。 右膝をかばい左膝まで痛くなり最近はビッコをひいてるありさまです。 大学病院整形外科のひざ関節診にかよっているのですが、いくいくは右膝の...