登山で膝を痛めてから不安定さがずっとあります

一年前、登山した際の下山時に膝を痛めました。二ヶ月ほどすると自然と痛みが消えましたが、その後も不安定さが残り、整形外科を受診しました。レントゲン、MRIも撮影した上での診断名は変形性膝関節症となっています。週一回、ヒアルロン酸注射をしていますが、不安定さは消えません。
症状として、痛みは全くありません。常にそっと歩かないといけない頼りなさがあります。走ることはもちろんできません。不安定ですが「膝崩れ」といったことはありせん。この症状は本当に変形性膝関節症と言えるでしょうか?また貴院における診療方法としてどのような選択肢が考えられるでしょうか?PRP療法に興味を持っています。

Answer
確かに、変形性膝関節症で軟骨がすり減ると、膝の不安定性を感じることがあります。
しかし、多くの場合、痛みを伴います。
そのため、今の状況が変形性膝関節症に由来するものかどうか判断することが難しいです。
筋力低下や関節機能低下などからも不安定感は出ます。
一度、体の機能評価を受けてみてはいかがでしょうか。
機能の改善をしても尚、不安定感が残る場合には、PRP治療などで関節の中の治療する必要があると思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 4年半前に左膝に色素性絨毛結節性滑膜炎(PVS)を発症、膝の前後を切開手術して除去しましたが、10か月後に再発、2度目も全く同じ手術を受けました。その後昨年末に3度目(今度は脛骨に転移)の手術では除去...

  • 他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか? また、このような場合、患部の状態...

  • 変形性膝関節症と診断を受けていますが、適応診断とは、軟骨が残存しているかどうかでしょうか。末期といわれリハビリ(週1回)しながら、筋力トレーニング(自宅)を行い、仕事に出ています。人工関節手術の時期は...