変形性膝関節症から2ヵ月前に歩行困難になってしまいました

57歳女性。
左膝全体に痛みがあり、歩行・ストッキングの着脱・爪切りに苦慮しています。
20歳の頃に左股関節固定術を受けています。
53歳で右変形性股関節症の悪化で人口関節置換術を受けました。以来、右の痛みが軽減し、可動域も良くなった事で活動が増しましたが、それと同時に左への負担が増え、足関節、膝関節の違和感が増えました。
靴下を履く際にはネジリの体制になる為、膝も同時にひねる事で、痛みが増していました。
2ヵ月前に歩行困難になり、整形外科に受診。変形性膝関節症のステージ2及び脊椎間狭窄症と診断されました。鎮痛剤で何とか日常の生活は行っていますが、階段昇降に困っている事、歩行の姿勢が悪くなってきており、腰痛もなかなか緩和しません。
膝の状態を良く知りたい事、その上で日常生活(仕事)を営めるレベルまでの回復を求められるかをご相談できれば幸いです。

Answer
膝の状態を把握するためには、まずMRI検査を受けていただく必要があります。
その上で、どの程度の回復が見込めるかお話をさせていただけたらと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

  • 4年半前に左膝に色素性絨毛結節性滑膜炎(PVS)を発症、膝の前後を切開手術して除去しましたが、10か月後に再発、2度目も全く同じ手術を受けました。その後昨年末に3度目(今度は脛骨に転移)の手術では除去...

  • 他院にて円板状の半月板の損傷と、変形性膝関節症と診断されております。MRI画像診断の資料が手元にありまして、そちらを見ていただいての診断はお願いできますでしょうか? また、このような場合、患部の状態...

  • 変形性膝関節症と診断を受けていますが、適応診断とは、軟骨が残存しているかどうかでしょうか。末期といわれリハビリ(週1回)しながら、筋力トレーニング(自宅)を行い、仕事に出ています。人工関節手術の時期は...