変形性ひざ関節症に加え、半月板も損傷していると診断されました

  1. TOP
  2. ひざ関節痛相談
  3. 変形性ひざ関節症に加え、半月板も損傷していると診断されました

8年程前から、変形性ひざ関節症でした。最近、激痛になり、整形で半月板損傷と診断されました。今は、接骨院に通っていますが、痛みは取れません。筋肉をつけ減量。解っています。なかなな上手くいきません。

半月板損傷が、現在の痛みの原因であれば、半月板の損傷部位によって経過は変わってきます。
もし半月板の縁にできて傷であれば、3か月程度かけて良くなっていくと思います。
半月板の中心部にできた傷であれば、関節鏡手術などで部分的に取り除かないと痛みが引かないかもしれません。
手術での治療以外では、ご自身の血小板を活用して、損傷を受けた場所の修復を目指すことも可能です。
変形性膝関節症が痛みの原因であれば、変形の程度によっては人工関節置換術でしか治療ができないこともあります。
大きな手術以外の方法としては、ご自身の幹細胞を使った治療などの選択肢があります。
どのような治療が選べるかは、実際の膝の状態はMRI検査の結果によって変わってきます。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

ひざのお悩み解決に向けて
スタッフ一同全力でサポートします。

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK

キーワード検索

カテゴリー別

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績15,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK