私の認識では、培養幹細胞治療とは、脂肪から幹細胞を取り出し培養して行うもの。
PRPは、血液から血小板を取り出したものを患部に戻す治療、という認識です。
この2つはどういう点が違うのでしょうか?
また、膝の状態によってどちらが有効というのがあるのでしょうか?

培養幹細胞治療は、まずは脂肪採取を行い、その中にある幹細胞のみを培養した後に、その幹細胞を関節内へ注射で戻します。
PRP-FD注射は、処置は採血のみで、血液中の血小板の成分のみを加工し、関節内へ注射で戻して治療を行います。
膝の変形の程度が軽度であれば、PRP-FDでも効果が十分に得られると思いますが、変形が強くなると培養幹細胞治療を選択肢に入れて頂ければ良いかと思います。
実際にはお膝の状態をしっかりと診断してから、その方にあった治療提案をさせて頂いております。もしご興味をお持ちであれば、はじめてのご来院予約より一度当院のカウンセリングへお越しください。
お大事になさって下さい。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら