70代の母の膝の治療でご相談がございます。

両膝の痛み、また膝から下が重く、力を入れるとガクンと倒れてしまいそうになり、日々痛みで泣いている苦痛の日々を過ごしております。

近所の整形外科に通院はしておりますが、根本的な治療法が見つかっておりません。本人高齢のため、手術を希望しておりません。

そんな時に貴院のサイトを拝見しました。
腎臓が一つしかなく、血液検査で腎臓の数値が余りよくありませんので、医師からは食生活を気をつけるようにとご教示頂いています。

この様な状況な母でも、貴院の治療を受けることは可能でしょうか。一度ご教示頂けますと幸いです。

お母さまのお膝の痛み、とてもお辛いことと思います。

腎機能障害の程度により、造血機能に影響が出て貧血になる場合もございます。血液を使用するPRP-FD注射では、片方の膝につき50ml程度の採血が必要です。そのため、高度の貧血がある場合には採血が出来かねる場合もございます。

培養幹細胞治療につきましては、脂肪採取や幹細胞注入の段階で、痛み止めや抗生剤などの薬剤を処方することがございます。安全のため、治療開始前に血液検査をさせていただき、薬の調節をする可能性もあります。

可能でしたら、血液検査結果をお持ちの上ご来院いただければ幸いです。
お母さまのお膝の状態を良くするために適した方法を、一緒に考えていければと考えております。

スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00