変形性膝関節症の痛みの為、悩んでいます。
1、通院は何回位必要ですか?
2、治療が効いたかの判断はどの位かかかりますか?
3、先生は医者の資格は取得しているのですか?

ひとつずつ回答させていただきます。

1、通院回数について
培養幹細胞治療やPRP-FD注射では2〜4回ほど通院いただくことになります。具体的には
・初診
・治療
・1ヵ月後の経過診察
・3ヵ月後の経過診察
・6ヵ月後の経過診察
持ち帰りご検討いただくケースなど、治療に活用する血液や脂肪の採取が初診の後日になるときには、治療の前にもう一度ご来院いただきます。
経過診察は遠方の方もいらっしゃるので、ご都合に合わせて対応いたします。診察時にお気軽にご相談ください。

2、効果が出てくる時期について
早ければ2週間〜1か月程度で痛みの軽減を実感される方がいらっしゃいます。平均的には3~4か月ほどです。その間、徐々に痛みが軽くなっていくという治療になります。当院の症例データでは、6ヵ月ほど痛みの軽減が続いているケースも多く見られます。

3、資格について
当院の医師は全員、医師免許を取得しています。また、日本整形外科学会の認定する、整形外科専門医です。
詳しい医師の経歴については、ドクター紹介ページも参考にしていただけるかと思います。

▶︎東京ひざ関節症クリニックの医師紹介

キーワード検索

カテゴリー別

関連する治療

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00