O脚、膝関節症で整形外科に通っても全く変化がありません

母85歳、かなり前から、左ひざO脚膝関節症で、特に最近では歩くと痛くてサポーターとシップ薬を張り、やっと歩いている状況です。整形外科に通ってはいますが気休めにしかならず良くはなりません。膝の手術はしたことはありません。効果に対して半信半疑で不安です。どのようなものでしょうか。

Answer
治療効果についてのご不安があるとのことですね。
確かに効果については患者様それぞれで違いますので、
充分に効果がでて満足できる状態まで改善される方もいますし、
予想した状態まで改善せず残念な場合もございます。
簡単に言いますと効果については下記の3つの要因により変わってくると思われます。
①注入するPRP-FD(血小板の成分)や幹細胞の元気の良さ
②入れられる側のお膝の状態
③日常生活での膝への負荷の大きさ(体重や活動量など)

お母さまの場合はおそらく②お膝の状態がかなり悪いと思われます。
しかし当院では人工関節適応の変形性膝関節症末期状態の方がたくさんお見えになっています。
そんな方はすべてのお膝の痛みが0になるまでの改善は期待できませんが、それでも歩くのが楽になったと喜んでくださる方がたくさんいらっしゃいます。

まずは治療の適応があるか、どの治療が良いかなどお膝の状態を拝見したうえでお伝えしたいと思います。
治療についてのもう少し詳しいご案内はお電話いただけましたら、専門のスタッフが丁寧にお話いたします。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。