昨年10月半ばに、フットサル中に左膝を痛めました。特に接触時ではなく、足をついた拍子に膝をひねったかと記憶しています。
当初は足を地面に付けないほど鋭い痛みが走りましたが、数日して歩行はゆっくりながら通常に近いほどのレベルになった為、負傷後1週間ほどして整形外科に行きました。
レントゲンの結果膝に水が溜まっていたため、ステロイドを注射し落ち着きはしましたが、鈍い痛みは相変わらず残っており数十分ほど走れるまでには回復していなかったため、2週間後に再診を受けました。しかしここでも筋力低下が原因の違和感と言われ、現在までMRI検査は受けていません。
負傷から既に4か月ほどたちますが、今も尚歩行時に左膝の少し上あたりに痛みが走ることがあり、痛みのぶり返しが怖く、長距離走等はできていません(フットサルもできていません。)
膝のひっかかり等は感じないため半月板損傷ではない、と診察されていますが、明らかに負傷の影響を引きずっていると考えており、助言いただければ幸いです。

お膝の痛みでお辛い状態とお察しいたします。
関節内にステロイド注射をすることにより症状が改善しているようですので、やはり痛みの原因は関節内にあると考えていいと思います。
4か月たっていて痛みが持続しているのでしたら、一度精密検査をして状態を詳しく診て頂くことをお勧めします。
現在おかかりの先生に、一度MRIをとってみたいと率直に伝えてみてはいかがでしょうか?
当院でもMRI即日診断を行っております。お辛い痛みが解消されますよう、アドバイスさせていただくこともできるかと思います。

情報提供医師

堀越 万理子 医師(東京ひざ関節症クリニック 銀座院 院長)

医学博士/日本整形外科学会認定専門医

堀越医師の詳しいプロフィール

【ひざの痛み専門】無料でんわ相談・来院予約

まずはお気軽に
ご相談ください。

0120-013-712

電話受付時間
9:00〜18:00

キーワード検索

カテゴリー別

【ひざの痛み専門】
無料でんわ相談・来院予約はこちら

お問い合わせ総合窓口

  • 0120-013-712
  • 電話受付時間 9:00 〜18:00(年中無休/完全予約制)

当院の受診をはじめて
検討される方はこちら