ひざ痛治療のコラム

サプリメントは膝の痛みに効果があるのか?|整形外科専門医コラム

公開日:2021.11.16
更新日:

「膝の痛みにグルコサミンやコンドロイチン」。CMなどでよく耳にするフレーズです。通販番組やショッピングサイト、薬局などには、こうしたサプリメント商品が多く展開されています。「膝の痛みは気になるが通院するのは面倒…」「人工手術などの手術は避けたい…」そんな思いから毎日欠かさず飲み続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今や薬局やネットで手軽に購入できるサプリメントですが、気になるのは実際の効果や安全性。この記事では、そんなサプリメントについて解説していきます。

情報提供医師

尾辻 正樹 医師

尾辻 正樹 医師(横浜ひざ関節症クリニック 院長)

日本整形外科学会認定 専門医

サプリメントで使用される成分【グルコサミン・コンドロイチン】

関節痛のサプリメントとして人気のグルコサミンとコンドロイチン。どちらも人の細胞や軟骨に存在し、関節の動きを助ける成分です。

グルコサミンとコンドロイチンのはたらき

グルコサミンはアミノ糖の一種で、人体で生成されるものです。
生成後は軟骨や皮膚、爪、靭帯などをはじめ、体の中のさまざまな臓器に分布し、組織を柔軟にしたり、水分を保つはたらきがあり、クッションのようにさまざまな臓器を保護する働きを持っています。
膝の場合、軟骨を保護し、関節の動きを滑らかにしてくれます。
一方、コンドロイチンも人体で生成されるもので、軟骨の主成分の一つです。グルコサミンと同じく、関節のクッションとなるはたらきがあります。

膝の痛みとグルコサミン・コンドロイチンの関係

体内のグルコサミンとコンドロイチンは年齢とともに減少していきます。

また、変形性膝関節症が進行している人の膝軟骨では特に減少が著しいことが分かっています[1]

加齢によってグルコサミンとコンドロイチンが減少することで、関節のクッションの役割が衰えていき、膝が動かしにくくなったり、さらに進行すると軟骨がもろくなり、痛みが生じるのです。

グルコサミン・コンドロイチンのサプリは効果がある?

膝に悩みを抱える人をターゲットに売り出されている、グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメント。
サプリメントを飲むことで、体内で作られなくなったグルコサミンやコンドロイチンを補うことができ、膝の痛み緩和につながるとされていますが、はたしてこれらを口からサプリメントとして摂取することで本当に効果は期待できるのでしょうか?

サプリメントで痛みは改善するのか?

グルコサミンやコンドロイチンを含むサプリメントのCMや通販サイトでは、「膝の痛みが消えた」「膝が楽に動くようになった」といった口コミをよく見かけます。当院へ来院された患者様のなかにも、現在サプリメントを飲んでいて効果を感じている、という方がいらっしゃいました。

しかし実際はグルコサミンとコンドロイチンが膝関節へ及ぼす影響はない、という見解が有力です[2]

グルコサミンまたはコンドロイチンを経口から摂取することで関節の構造に利益的な効果があるかどうかで実際に研究結果が報告されています。その内容というのが、変形性膝関節症の方1583人を、コンドロイチンのみ、グルコサミンのみ、両者併用、鎮痛薬、上記のいずれも投与しない5グループに分け、それぞれ半年間投与を続けたというもの。

結果、グルコサミンとコンドロイチン、その両者を併用して投与したグループでも、膝の痛みの改善は見られなかったようです[3]

サプリメントで痛みが改善したと感じるのはなぜか?

しかし一方で、サプリメントで膝の痛みが改善したという声があるのも事実です。その理由は、「プラセボ効果(プラシーボ効果)」だと考えられています。
プラセボとは、本来は効果のない成分で作られた薬という意味で、偽物の薬(偽薬)です。しかし効果があると信じて飲むことで、本当に効果を感じることがあり、多くは心理的作用によるものと考えられています。
このことは、2017年に世界五大医学雑誌の一つであるイギリス医師会雑誌に掲載された、グルコサミンサプリメントの効果についての研究報告で明らかになりました。研究内容は、変形性膝関節症の患者を対象に、グルコサミンの服用開始から3ヶ月、2年のスパンで効果を測定したというものです。この報告では、膝の痛みや機能の改善効果はほとんどがプラセボ効果だったと結論づけています。

また、研究に用いられたデータの中には、プラセボの方が効果が高かったとするものもありました[4]

興味深いのは、効果があると一度思い込めば、偽物であると分かったとしても効果が持続することです。

背中の痛みに対する治療として偽薬を投与したところ、一定の効果が見られ、それが偽薬だったと伝えても、その効果は持続したという研究結果も出ています[5]
国内のサプリメントでも同様のことが起きる可能性は十分にあると言えるでしょう。

サプリメントには危険が伴う場合もある

また、研究により、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントは、他の薬物と併用すると相互作用を起こす危険性があるとされています。

一例として抗凝固剤(血液希釈剤)薬であるワルファリンと併用すると血液の凝固作用を調べる検査値であるPT-INR値が上昇し、出血やすくなる等の相互作用を起こすおそれがあることがわかっています[6]

ワルファリンを服用、または血糖値に問題がある人で、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントの摂取を考えている場合、または摂取している場合は、かかりつけの医師に副作用の可能性について相談することをおすすめします。

膝の状態に合わせた適切な治療を選択しましょう

サプリメント以外にも変形性膝関節症などの膝痛や関節痛に効果的な治療法は存在します。これらはサプリメントとは異なり、きちんと科学的根拠のある治療法です。

保存療法

手術を行わない方法で、主にヒアルロン酸注射などがあげられます。
膝の痛みを和らげる治療法として広く提供されているヒアルロン酸注射。ひざ関節の潤滑油の役割を果たすヒアルロン酸を補充することで、軟骨の保護、痛みや炎症の抑制に繋がります。また、治療時間の短さもメリットの一つです。

人工関節治療

その名の通り、関節を器械である人工的な関節に置き換える治療方法です。損傷した関節をそのまま置き換えるので痛みの根本原因を改善することができ、速やかに効果を実感できます。一方で、大掛かりな手術となる為、3~6週間の入院が必要であったり、術後のリハビリテーションが必要となります。また、人工関節の劣化具合によっては再手術を要する場合もあります。

再生医療

薬剤や人工関節などと言った化合物や機器に頼らず、体が本来持っている自然治癒能力を高めて治療を目指す医療を再生医療といいます。
ご自身の検体を使用するため、拒絶反応やアレルギー反応のリスクが低く、ヒアルロン酸などの注射治療よりも長期間の治療効果が期待できるといわれています。
自己血液の修復作用で自然治癒機能を高め改善を目指すPRP-FD注射や、幹細胞を培養して注射する培養幹細胞治療などがあげられます。
手術をせずに組織そのものの再生が期待できる再生医療、万能の様ではありますが、一方で自由診療なので全額自己負担になってしまうというデメリットもあります。

現在サプリメントを服用中で、何らかの効果を感じられているのであればそのまま服用を継続しても問題はないでしょう。しかし、効果を実感できていないのであれば、一度服用を止めてみても良いかと思います。サプリメントはあくまで心理的な補助として使用し、膝の痛みにお悩みの方はまず一度膝の診断を受け、膝の状態に合わせた適切な治療を進めていただくことが大切です。

効かなかったら、どうしよう・・・

この歳でもできるのかしら?

話だけでも聞いてみたい

今の状況を詳しく知りたい

リスクはない?

あなたの膝の痛み、再生医療の不安、まずはご相談ください。

ひざ関節症クリニック|全国11拠点|治療実績14,000例|整形外科専門医21名所属

電話から

ひざの痛み専門|無料でんわ相談|来院予約

0120-013-712

電話受付時間 9:00 〜18:00/土日もOK