8年前に変形性ひざ関節症と診断され手術を勧められています

40代女性です。8年位前に変形性ひざ関節症(両足)と診断を受けました。2年くらい前から痛みの酷い事が出てきました。左足の痛みは膝ではなく膝下横です。医師からは筋力のあるうちに手術も考えた方がよいのではと言われるようになりました。今はヒアルロン酸の注射と痛み止めの薬、湿布とサポーターで痛みを抑えています。でも手術は避けたいです。手術しないでも痛みがおさまる可能性はありますか。

Answer
40代で人工関節置換術を行うのは、早すぎると思います。確かに筋力のある内に手術を行うという考え方は間違っていません。しかし、人工関節には耐用年数があります。
40代で手術を受けられたら、人工関節を入れ替える手術を受けていただく可能性が高いと思います。
当院で行っている治療法は、人工関節にとってかわる治療法ではございません。
しかし、人工関節を考えなくてはいけない状況に置かれた方が、人工関節を受ける前に検討していただいた方がよい治療法です。
治療内容としては、膝の自己修復を活性化する治療法になります。
そのため、治療が上手くいけば手術をしないでも痛みが取れる可能性があります。
また、その後うまく膝を使っていただければ、一生、改善した膝を使っていただくことも可能です。
ただ、自己修復力を活用するため、変形の程度が強すぎる場合には、効果が弱くなる可能性もございます。
一度、実際に膝の状態を拝見できたらと思います。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。